ハイパーインフレに浸れる小説
弁護士石井琢磨です。

先日、事務所内で雑談をしていました。

「先生、私の借金、どうしましょう」

「そんなもの、日本にハイパーインフレが来るまで放っておけば?」

「えー、ハイパーインフレが来たら、貯金がなくなっちゃうんですよね」

「なくなるというか、そもそも一万円札なんて意味がなくなるね、円の価値がなくなる」

「物がめちゃくちゃ高くなるんですよね、どっかの国がそうなりましたよね」

「ジンバブエだっけ。物が買えなくなるが、まあ借金もなくなるようなもんだ」

「えー、じゃあ、将来の年金とかどうなるんですか?」

「年金?そんな事態になったら、日本という国が機能してるか怪しいぞ」



朝からこんな妄想雑談をしていたところ、スタッフの一人が

「私、たまたま最近、そんな内容の小説を読みましたよ」

と言い出しましたので、貸してもらいました。

万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)
万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)




『万能鑑定士Qの事件簿 II』

本屋で並んでいても自分では買わなさそうな表紙、タイトルです。


スタッフが私に本を渡すとき

驚くほど速く読めますよ

とプレッシャーをかけてきました。


「え?いや、そうかな?いきなり2巻だし」


「本当に、ものすごく速く読めますよ。私、電車の中ですぐに読み終わっちゃったし」

いま、この場で10分で読め、と言わんばかりの勢いでした。


普段の仕事で「今日中にできる?」「昼までによろしく」などとプレッシャーをかけ続けてきたことへの仕返しでしょう。


私は、法律書やビジネス書なら比較的速く読めますが、小説はあまり速く読めません。
最近も『坂の上の雲』全8巻を読み終えるまで、1年以上かかりました。


しかし、プレッシャーをかけられた以上、頑張らねば、と休日を使って読み終えました。


なかなか興味深い内容でした。

1万円札が大量に偽造されて信用を失い、ハイパーインフレが起きるという設定。
ハイパーインフレになった結果、次のような事態が発生します。

社会では、1万円札での支払いが拒まれる。
1万円札の信用が低下という設定なので小銭は可。ドルでの支払いは大歓迎される。
タクシーの初乗り料金は、四万二千円に。
富裕層は海外へ脱出。
社会人の6割は仕事を失いニートへ。
雑誌は廃刊。
『ジャンプ』はすぐには廃刊にならない。
テレビも一部の報道のみ。
家賃の値上げが起き、家を失う人も出てくる。
訴訟しようにも、弁護士事務所も裁判所も十分に機能しているかどうか疑わしい。


給料がまともな価値で払われなければ働かない人が出てきて社会が機能しなくなる。
裁判所も機能しなくなれば弁護士事務所も今の仕事は機能しないでしょう。

そんなとき我々に何ができるのか。
秩序を回復する方法はあるのか。

色々と考えさせられる設定でした。


小説で描かれていた一部の現象は、一般の書籍にも書かれていることです。
『マネー避難』でも、スタグフレーションにより失業者の激増などの現象が生じるとされています。

マネー避難 危険な銀行預金から撤退せよ!
マネー避難 危険な銀行預金から撤退せよ!



妄想しながら読んだので、時間がかかりましたが、いざというときに悲観的になりすぎないためにも考えておきたい問題です。




関連記事
2012/02/27(Mon) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
税務署が生活保護費を差押え
弁護士石井琢磨です。

消費者法ニュース90号のなかに印象的な記事があったので紹介します。

尼崎あすひらく会の方の記事。

生活保護を受けている口座を税務署に差し押さえられ、食費にも困った人がいました。
弁護士に相談したところ「裁判」と言われました。
しかし、裁判にかける時間はない。
会の担当者の方は、休日返上で裁判例を調べ、似たような事例を見つけました。
そこで、税務署に直接掛け合い交渉。
税務署も理解してくれ、差押えを解除。

という事案です。


生活保護を受ける権利や年金は差押えが禁止されていますが、そのお金がいったん預貯金口座に入ると、法律上は「預金」として扱われるため、差押えが可能になります。
最高裁平成10年2月10日判決でも、このような判断がされています。
しかし、生活保護は差押NGなのに、口座に入金されたらOKというのは、時には不均衡でないか、という疑問が出てきます。
このような疑問を受け、最高裁判決のあと、年金などが振り込まれた預金口座自体の差押をNGとした裁判例もあります(東京地裁平成15年5月28日判決、千葉地裁八日市場支部平成15年2月3日判決等)。

これらは貧困者の弁護をしている弁護士なら知っている情報。
おそらく上記の相談を受けた弁護士もこの裁判例は知っていたのでしょう。

しかし、法的に、強制的に差押えを解除するためには時間がかかる。

また、税務署相手の交渉というのは、弁護士業務のなかでは多くありません。
交渉は、担当者の裁量などもあり、見通しが立てにくいものでもあります。
そのため、弁護士としては事件として受任するに至らなかったのでしょう。

これに対して、会の方は、とりあえず全力でやってみる、という態度で行動していて結果につながったように読めます。

さらに、この会の方は、税務署との交渉の際に「このままだと餓死するしかない」と迫ったそうです。

餓死。

強烈な言葉ですね。

これが効いたのでしょう。
実質的に生活保護費の差し押さえであれば、税務署にとっては差押えた金額は高くはないはず。
それに対して、差押えを維持し万が一でも餓死された場合、国の機関としてマスコミにバッシングされるリスクが高いです。
また「税金なんて納めてられるか」と考えちゃう人が出てきてもおかしくありません。

だから、「死ぬ」という交渉が効いたのだと思います。


この事件では、一人の命が守られ、良い解決ができたと感じます。



しかし、このような報道がされると、やたらと自分の命を交渉材料に使っているかのような発言をする人が出てきます。

「死ねってことですか」
「死ねばいいんでしょ?」
「殺す気か」

この強烈な言葉は、使う場面を慎重に考えないといけません。
場面によっては、思い切り引かれて話し合いにもならなくなったり、クレーマーだと判断されてしまうリスクもあります。

さらに、「殺す」とか「死」という言葉を安易に使っていると、刑事事件に発展することもあります。

私は、数件の殺人事件を担当したことがありますが、未遂事件も含めてほとんどの事件で、犯行前に加害者と被害者との間で「死」についての発言がされています。

「殺してやろうか」
「刺してみな」
「殺せるもんならやってみな」

こういう発言をしていたら、本当にやられてしまった。



たぶん、被害者は誰一人として、殺される(殺されそうになる)とは思っていなかったでしょう。

安易に強烈な言葉を使ってしまったことで、その空気に取り囲まれて、被害を受けてしまっています。


あるシーンでは使える言葉も、違うシーンでは大きな代償を払うことになります。


強烈な言葉は選んで使ってくださいね。




関連記事
2012/02/24(Fri) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
半日断食
弁護士石井琢磨です。

2週間前から半日断食を始めました。

別にダイエットをしているわけではありません。
むしろ、体重は増やしたい。

始めたきっかけは、小山龍介さんの『IDEA HACKS!2.0』。

IDEA HACKS!2.0
IDEA HACKS!2.0小山 龍介 原尻 淳一

東洋経済新報社 2011-12-09
売り上げランキング : 12641


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






小山さんは半日断食を始めたことで、「集中できる時間がグッと増え」たそう。


頭がよくなる、という方法があると、つい試してしまう私。
過去には頭脳パンからアルファ波が出るという謎の機械まで色々試しています。
今回も迷わず実践。


本に書かれている半日断食の内容は、

朝食を抜く。
午前中は野菜ジュースを飲む。
酵素を壊さない低速ジューサーを使い栄養をとる。
水分も多めにとる。

というもの。


さっそく小山さんが使っているメーカーのヒューロムスロージューサーを購入。

HUROM SLOW JUICER 【酵素で元気! 世界初LSTS方式(低速圧縮搾り)】スロージューサー ホワイトHU-300W
HUROM SLOW JUICER 【酵素で元気! 世界初LSTS方式(低速圧縮搾り)】スロージューサー ホワイトHU-300W





家に届くなり、家族から「音は静かなのか?」と睨まれました。

初めてのジューサーなので比較できませんが、洗濯機より静かです。

固い野菜を入れると音は大きくなります。






半日断食を2週間つづけた感想。


朝から集中力フルスロットルで働ける。
今のところ健康。
体重1キロ減。
睡眠時間が1日30分程度短縮。
朝食の時間が節約できるものの、リンゴの種を取るのと、ジューサーを洗うのは結構手間。時間的にはプラスマイナスゼロ。
包丁で指を切った。

全体としては良い効果が生まれています。


しかし、何よりの効果は、空腹感、飢餓感を得たこと。

人間は、満腹だとやる気が出ないのです。

多少の空腹を感じていると、飢えを感じていると、マインドが上昇志向になります。

獲物を狩るような目になってきます。
感覚が研ぎ澄まされてきます。


だからこそ、集中力も上がるのでしょう。


日常に満足しちゃってる人は、一度試してはどうでしょう?



関連記事
2012/02/19(Sun) | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本:1日3時間で難関試験に受かった方法
弁護士石井琢磨、365日勉強中です。

1日3時間の勉強で税理士試験に合格した原税理士の勉強本を読みました。

7人家族の主婦で1日3時間しか使えなかった私が知識ゼロから難関資格に合格した方法
7人家族の主婦で1日3時間しか使えなかった私が知識ゼロから難関資格に合格した方法





すごいと感じたのは
「資格取得までにかかるお金」を数字で把握する
という点。次の公式で示されます。


資格取得までにかかるお金=仕事の時給×合格までの平均勉強時間+実費


合格のためにかかるお金というと、普通は予備校の費用やテキスト、模試代を思い浮かべますが、この本では、「勉強時間もお金」、いや「勉強時間こそがお金」と主張しています。

受験勉強をしている時間、働いたらいくら稼げるの?
それを失っているんだよ、ということ。
さすが税理士。すべてを「円」に落とし込む。


私は、受験生時代にこの発想を持てませんでした。
司法試験など短期合格のために時間を効率的に使うことは考えていましたが、それをお金に換える、という発想はなかったですね。

勉強時間もお金、という発想は、試験勉強にも間違いなく有益です。


資格試験は早く合格した方が良いに決まっています。
合格後に、資格を活かせる時間が増えるわけですからね。

そのためには合格というゴールから逆算して、やるべきことを考える必要があります。
このときに、「時間もお金」という発想があると分かりやすいです。

浪費しやすいものは、いったん違う概念に置きかえて考えると、思わぬ発想にたどりつけるものです。


たとえば、この本では、「ノートは作らない」と主張されています。

同感。

有名な試験の場合、書籍、テキストが充実しています。
そこにまとめれば良い。
ゼロからノートを作るのは効率が悪い。
試験直前に一気に回せるよう情報は集約しておくべきなのです。
何より、私は字が汚いため、自分の書いたノートを読む気にならない。

本書の発想だと、これらに加えて

「ノートを作るのに何時間かかるのよ?その時間働いたら、いくら稼げると思う?」
ということになります。

ノート作りに100時間かかる、時給が1000円だとすると、1000×100時間=10万円。

ノート作りで記憶が定着するという点もありますが、これを度外視して単純化して考えると、

そのノートを10万円で買います?

ってことです。


なんとなく、本を読んで、活字を目で追っていた1時間。

いま、あなたは1000円分の実力を得たか?

得ていないなら、いまの1時間、あなたは損したことになるよ?



この発想を色々なところに持ち込みすぎると、間違いなく人間関係はギスギスするでしょう。

でも、自分の勉強を効果から考えるときには役立つ視点です。

勉強中の人は、この視点も取り入れてみてはいかがでしょう。



関連記事
2012/02/16(Thu) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「牛乳あげます」詐欺
弁護士石井琢磨です。

私の家に買取型詐欺が来ました。


最近、テレビのニュースでは、貴金属の買取詐欺に関する注意喚起がされていたそうです。

「家にある貴金属を買い取ります」と訪問してきて、不当に安く買ったり、逆に費用を払わせたりするというケース。


私の周囲でも、この詐欺が起こっています。

先日、私の留守中に、我が家にも訪問してきたそう。

「不要な宝石など高く買い取りますよ」

とのこと。

幸い、うちの家族は報道等でこの手の商法について知っていたので、
「ないです」
と断ることができました。

まあ、実際のところ、我が家には宝石も貴金属も現金もないんですけどね。

1冊1万円以上する本はたくさんあるので、「本を買い取ります」だったら、危なかったかもしれない。


この件を、神奈川県伊勢原市に住む親戚に話をしたところ、その親戚も、この買取の被害を受けそうになったそうです。


しかも、その親戚のところに来た業者の最初のセリフは、

「牛乳あげます」


だったそう。


親戚は思わず食いついてしまったらしい。

その地域では、「牛乳を持ち歩いて訪問している人」が目撃されています。

勧誘を受けると、「牛乳あげます」から、「家の貴金属買取」へとシフトするそうです。
どんなロジックなのか気になりますね。

神奈川県央地域に広がっています。気をつけて。

都会の人は、「いや、いきなり牛乳あげるって言われても怖いから信用するわけない」と感じるかもしれません。

しかし、伊勢原には、牛がたくさんいるのです。

石田牧場のようにジェラート屋まで展開している牧場もあります。私もよく行きます。
http://www.ishidabokujo.com/


そのため「牛乳あげるよ」って言われたら、「近くの牧場の絞りたて牛乳を近所に配ってるのかしら?」なんて考えてしまうのです。


今後、厚木では「シロコロあげるよ」という勧誘が流行るかもしれません。
もし、私の在宅中に来たら、一部始終を録音してアップしますね。


「牛乳あげます」詐欺で怖いのは、返報性の法則。
『影響力の武器』という騙されないためのバイブルがあります。
この中で紹介されている返報性の法則。
人は、物をもらうと、その人に何か返さなきゃ、と思うもの。これを悪用されるケースが多いのです。

「牛乳もらったから、宝石売らなきゃ」

そんな気持ちにならないよう気をつけてください。

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか
影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか






関連記事
2012/02/10(Fri) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
示談をまとめるためのヒント
弁護士石井琢磨です。

示談が1件成立してホッとしています。

被害者がいる刑事事件の弁護依頼を受けた場合、わたしたちは被害者と示談交渉をします。

被害を受けてすぐのタイミングだと「示談になんて応じる気持ちになれない」という気持ちの人が多いです。

一方で、示談交渉をしないといけない多くの刑事事件では、被疑者は逮捕・勾留されています。

この場合、法律で、「何時間以内、何日以内に次の手続に進む」と決められているため、そのタイムリミットまでに示談が成立するかどうかで、その後の刑事処分が大きく変わることがあります。

「示談が成立すれば不起訴や罰金になる、示談が不成立なら刑務所」というケースでは、示談を早期に成立させるメリットが、被疑者にとってはすさまじく大きいです。
メリットが大きいことから、被疑者は、より高い示談金でも示談を成立させたいと考えます。

被害者が「示談で解決させたい」と考える場合、被害者にとっても、より高い示談金で示談を成立させることができる、という点でメリットがあります。

さらに、被疑者側が払おうとする示談金はタイミングによって大きく変わるという事情もあります。
被疑者側のメリットが上記のとおり変動するからです。

起訴前に示談することで被疑者がより有利な結果を得られるときには、民事訴訟などで認められる損害賠償金を上回る金額を払うケースもあります。さらには、お金では買えない、法律でも強制できない要求に応じることもあります。
これに対して、刑事手続が進んだ場合、逮捕された直後、つまり初期段階で提示していた示談金が払えなくなるケースもあります。
刑事手続が進んでしまい、示談してもしなくても刑事手続の処分結果がさほど変わらない場合、被疑者・被告人としては示談を成立させるメリットが少なくなります。「どうせ刑務所に行くなら示談金なんて払わない」と言い出すケースです。


このため、私たちが示談交渉をする際には、被害者に「早いタイミングで示談した方が得られるお金は多くなる可能性が高い」と説明するのですが、やはり理屈と感情は異なるもの。
なかなか分かってもらえず、「示談になんて応じる気持ちになれない」と言われることもあります。

客観的にはWinWinの関係にあるのに、感情面で示談を考えられない。


このようなときに話を聞いてもらうためのノウハウは、営業ノウハウから学ぶこともできます。

本当に良い物を売ろうとしているのに話を聞いてもらえない営業。シビアさは違いますが、似ています。

そのため、私は示談交渉をうまく進めるために、営業マンが書いた本をけっこう読みます。


たとえば、こちらの本『人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法』では、学習教材の営業の際のエピソードが参考になります。

人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法
人見知り社員がNo.1営業になれた 私の方法長谷川千波

祥伝社 2011-10-28
売り上げランキング : 1828


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ちょっとだけ引用します。


その日は、中学生の男の子がいるお宅にお邪魔して、お母様と一緒に学習教材の商品見本を見ていただいていました。スムーズにお話が進んでいたのですが、途中で帰宅されたお父様が突然怒り出し、商談の中断を余儀なくされたのです。

何をどうしようとしても取りつくしまがなく、「帰ってくれ!」の一点張りです。礼儀を尽くしてその場をおさめて商談を続けたかった私としては、大変に悔いの残る結末でした。和気あいあいと話していた場の空気もガラッと一変してしまい、その日はもう帰るほかありませんでしたから。

上司に、状況を伝えると、このように質問されました。「その瞬間の母親と子どもさんの表情は、どんなだったんだ?」
「えっ、お父様ではなく?」
ちゃんと見ていたはずなのに、思い出せません。




著者の長谷川さんは、これを機に、現場のありのままを営業ノートに記載するようにしたそうです。約1年半。


このエピソードのように、示談交渉などの現場でも、まとまりかけている話が他の家族の介入で一気に壊れることはよくあります。

あとサインをもらってお金を渡すだけなんですが・・・というタイミングで示談が破綻すると、弁護士だって泣きそうになります。


複数の関係者と交渉する場合は注意が必要です。


被害者側の家族がたくさん示談交渉の場に来たり、もともと被害者が複数の事件では気をつけないといけません。

複数人との交渉が難航する場合、ネックになっているのが誰の、どういう価値観なのかを感じ取る必要があります。

交渉を何回も重ねる場合、営業ノートではありませんが、やりとりを記録していると、ある人は示談したがっている、ある人がネックになっている、ということに気づくことがあります。
誰からどのような発言があったのか、そのとき周囲の反応はどうだったのか、記録しておくと役立つのです。


さらに、相手の価値観も重要です。

少し前からコンビニで目立っている『図解 バカでも年収1000万円』という、買っている所を知り合いには見られたくない本。

【図解】バカでも年収1000万円
【図解】バカでも年収1000万円伊藤喜之

ダイヤモンド社 2011-09-30
売り上げランキング : 21411


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







こちらの本では、年収1000万円を達成するための奥義の一つとして「弱点レーダーチャート」という方法を取りあげています。

人脈づくりの際に、相手が本当に欲しがっているものは何かをチェックしてサポートしましょう、という話です。


この発想は示談交渉でも大事。

相手が最も重視しているのは何なのか?

示談金額?処罰感情?安心感?時間?


ここがずれていると交渉がかみ合わない。

相手の価値観は時間によって変わります


提案する示談内容だけではなく、そのプロセスでも相手の重視する価値観を満たしてあげることで示談がまとまりやすくなります。


示談交渉は、人と人とのやりとり。交渉本ももちろん役立ちますが、営業や人脈、心理学などの本も有益ですよ。

自分で交渉事をしなければならない人は参考にしてみてください。





関連記事
2012/02/07(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る