ワンピース全64巻万引きのコストパフォーマンス
弁護士石井琢磨です。
最近、まず動くことが大事だと実感している日々です。


さて、先日、26歳男性がワンピース全64巻を一度に万引きし逮捕されたと報道されました。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120124-OYT1T00003.htm?from=tw

ボストンバックに入れて持ち去ったそうです。

この犯行に対して、ネット上では「大胆だ」という声が大きいようです。

しかし、「窃盗罪の中の一部において」という限定をすれば、この犯行のコストパフォーマンスはかなり高いです。
大胆というより、経済合理性がある行為とも言えます。

どういうことか。


上記ニュースでは、
「同署幹部によると、男は漫画64冊を、計約2万6000円の正規価格に近い約2万3000円で買い取ってもらったという。」
と報道されています。

ワンピース全巻セットは中古でも高く買い取ってもらえるそう。
私は知りませんでしたが、ワンピース全巻窃盗事件は以前からあったそうです。
それどころか、昨年11月には、バラエティ番組でも「ワンピース全巻万引きが流行している」旨の話が出ていたようです。
同時期、Yahoo!知恵袋でもワンピース全巻万引きについて質問がされています。


定価は約2万6000円のところ、約2万3000円で買い取ってもらったとの話。
これだけの高値で買い取りしてもらえる漫画はそうありません。

転売目的で万引きするなら、高く買い取ってもらえる物を対象にした方が利益は多くなります。

一方で、窃盗罪の裁判などで罪の重さを決める際には、犯行態様、動機、前科、再犯可能性、被害回復などの諸要素のほか、被害額が重視されます。


1000円の食料品万引きより50万円の宝石万引きの方が罪は重い。


第一東京弁護士会 刑事弁護委員会が出している『量刑調査報告集Ⅱ』という本があります。
犯罪ごとの量刑をまとめた本です。


このなかで、「書籍類の万引きで実刑判決を受けた窃盗事件」の量刑を見てみると

コンビニで書籍12冊(販売価格10422円)→懲役8月
書店で書籍2冊(販売価格7600円)→懲役1年2月(執行猶予中の犯行)
書店で書籍5冊(販売価格30400円)→懲役1年4月(執行猶予中の犯行)
古本店で、写真集26冊ほか2点(販売価格49850円)→懲役1年6月

と、販売価格の額が大きくなればなるほど、量刑も重くなる傾向にあります。


ちなみに、「万引きくらいで逮捕されるとは思わなかった」などという言い訳は通用せず、
上記報告集では、漫画1冊販売価格505円の万引でも懲役刑が言い渡されています(執行猶予付)。


上記のとおり、万引きの場合、起訴状などに載る被害総額は、販売価格が通常です。

高い物を盗めば罪が重くなる。

ということは、転売目的の場合、より安い販売価格で高く売れるものを万引きした方が利益は多くなりそうです。

たとえば、5万円の本を万引きし、転売して2万円の現金を得たケースと
3万円の本を万引きし、転売して2万5000円の現金を得たケース。

転売目的の場合、後者の方が得られる現金は多くなり、かつ、起訴状に載る被害額は少なくなります。

この点を考えると、コストパフォーマンスとしては後者の方が優れています。

さらに、被害弁償をする、という視点に立ちましょう。

刑事事件になった場合、罪を軽くするために、被害弁償として実費を被害店舗に払うことがあります。刑事手続の中で被害弁償をしなかったとしても、民事の問題として、万引き犯は、被害店舗に対して、販売価格の賠償義務を負います。


たとえば、5万円の本を万引きし、転売して2万円の現金を得た。
この場合、5万円を弁償。
犯人は、2万円の利益-5万円の弁償で3万円の損失。

3万円の本を万引きし、転売して2万5000円の現金を得た。
この場合、3万円を弁償。
犯人は、2万5000円の利益-3万円の弁償で5000円の損失。

損失額は6倍違うのに、起訴状に載る被害額は前者の方が高いのです。


このように得られる利益と、被害弁償をした際の損失という視点に立つと、
高く売れるものを万引きした方が得られる利益は大きくなります。
もちろん、犯罪利益を上げるのが目的なら、現金や、転売して販売価格より高く売れる物の方が良いことになります(後者のような物を発見できるなら、正規に仕入れて商売を始めた方が無難ですね)。


では、漫画のなかで、ワンピースの転売価格はそれほどすごいものなのでしょうか?

巻数が多い漫画の全巻セット価格を調べてみました。
Amazonで全巻を新品で購入する値段と、売却可能価格ということで、ヤフオクで同一時間帯に一番高く値段が付いているものを調べ、新品価格に対して売却可能価格の割合を利益率として出してみました(落札価格ではないので、本当はもう少し高くなるはず)。

ワンピース1~64巻 Amazonでの全巻セット 26355円
ヤフオクでの入札価格 22800円
利益率 87%

ゴルゴ1~162巻 Amazonでの全巻セット 85240円
ヤフオクでの入札価格 25000円
利益率 29%

こち亀1~177巻 Amazonでの全巻セット 72740円
ヤフオクでの入札価格 20000円
利益率27%

ワンピースは、大量に巻数を重ねている漫画の中でも利益率が圧倒的に高い。つまり値崩れしていないことが分かります。

このような点から、「漫画全巻を万引きする」ことを前提にすれば、ワンピースは極めてコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

「大胆だ」と評価される、ワンピース全巻万引きも、漫画全巻万引き行為の中では、経済合理性のある行為であり、利益率を見積もって及んだ犯行である可能性もあるわけです。


しかし、全体のコストパフォーマンスというか、得られる利益とそれにかかるコスト(リスク)という点では、ワンピース全巻万引きは到底勧められるものではありません。

漫画全巻万引きという分野の中では、コストパフォーマンスが高い行為でも、万引き全体の中で見れば、これを上回る万引きはあります。もっと換金率が高い物は世の中にたくさんあるでしょう。
それ以外に、犯行が発覚するリスクまで考えると、漫画を60冊バッグに詰める行為は、極めてリスクが大きいといえます。

さらに、法律家の立場から言うと、じつは、

万引きは抜けられなくなるリスクが高い犯罪です。

万引きを繰り返してしまう人が、そこから抜け出すために精神科のカウンセリングに通うケースもあります。

平成19年版の犯罪白書では、再犯者についての調査報告がされています。

平成19年版 犯罪白書
平成19年版 犯罪白書





70万人の初犯者・再犯者混合犯歴を対象としてされた調査では、対象者が最初にどのような罪を犯したかを調べ、その後の再犯の有無を調べ、罪名ごとに再犯に及んだかどうかの比率を出しています。

再犯に及んだ人の比率が最も高い犯罪が窃盗罪、次が覚せい剤取締法違反です。

これらについては、「同一再犯に及んだ者の比率が他の罪名の場合と比べて相当高く、同じ罪名の犯罪を繰り返す傾向が認められる」と報告されています。

一度、万引きを含む窃盗をしてしまうと、窃盗を含んだ犯罪を繰り返してしまうリスクがあるということ。


万引き、という一線を超えることは確率論からしてリスクが高い行為です。
イメージしやすさという意味で、利益率、コストパフォーマンスという言葉を使いましたが、犯罪は人生にとって致命的なコストを負担させられるリスクがあります。
利益を上げるためなら、勉強してまともにビジネスをした方が遙かにコストパフォーマンスが高いです。

みなさん、ワンピース全巻万引きなんて、くれぐれもしないようにしましょう。

昨年の忘年会で、「私に連絡をくれれば、ワンピース全巻を送ります」とスピーチしている方がいました(作者の尾田栄一郎さんじゃないですよ)。
私は、かつて、酔って自宅のPCをいじっていたら、数日後にワンピース全巻が届いた経験があります。

ああ、この方と、もっと早く出会っていれば・・・


今回逮捕された男性も同様の後悔をしていることでしょう。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ





ONE PIECE コミック 1-64巻 セット (ジャンプコミックス)
ONE PIECE コミック 1-64巻 セット (ジャンプコミックス)尾田 栄一郎

集英社 2011-11-11
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






関連記事
2012/01/28(Sat) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
従業員引き抜きの損害賠償額
弁護士石井琢磨です。

上場企業の役員による不正のニュースが報道されたからなのか、最近、会社役員の不正について問い合わせを受けることが増えてきました。

取締役は、会社に対して善管注意義務や忠実義務を負っています。
これらの義務は、法律上は抽象的な書き方しかされていません。

たとえば忠実義務は以下の規定。
会社法355条 「取締役は、法令及び定款並びに株主総会の決議を遵守し、株式会社のため忠実にその職務を行わなければならない。」

そのため、実際にどのような行為がNGなのか、事例を見ていき、取締役の人としては違反しないよう、会社としては違反させないよう注意しないといけません。

義務に反する行為をしてしまった場合、損害賠償の責任まで生じることもあります。


ありがちな事例として、取締役が退任後に別会社を立ち上げ、以前の会社から従業員を引き抜くような行為。

「引き抜き」という事実を認定するのは結構大変なのですが、ここがクリアできると損害賠償責任に進みます。

裁判例のなかには、引き抜きを認めたうえで、新しい従業員の募集広告費用、機会喪失損害のほか営業損害4000万円を認めた例があります(東京高裁平成16年6月24日判決)。
この例では、営業損害として主張された額(約2億8000万)のうち、どの範囲が引き抜きによって生じたものか不明であるとしながら、諸般の事情からの推定としてざっくり4000万円と認定しています。」


ビジネスを加速させると行き過ぎた行為に及んでしまうことがあります。
ときどきふり返ることも大事です。

関連記事
2012/01/23(Mon) | 民事訴訟 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国会図書館サーチ
弁護士石井琢磨です。

国会図書館サーチが正式にスタートしましたね。
http://iss.ndl.go.jp/

検索対象のデータベースが、国会図書館、都道府県立図書館、国立情報学研究所、国立公文書館、国立美術館などと広いことと、検索をかけると書籍でどの程度の件数か、論文でどの程度の件数かが表示されるほか、連想キーワードも表示されるなど、使い勝手が良さそうです。

私は文献の調べ物をする際、Amazonで検索をかけて書籍を入手するか、判例・法律雑誌の論文を横断的に検索できるサービスを使って検索することが多いのですが、法律以外の分野だと満足いく検索ができないこともありました。

今回の国会図書館サーチは、今までの検索サービスと併用できるサービスだと感じたのでブラウザのブックマークに登録しました。

神奈川の場合、気軽に国会図書館まで出掛ける、ということは難しいですが、資料は近くの図書館に取り寄せることが可能です。

以前に、国会図書館の資料を送ってもらう方法というエントリーを書いています。

検索と取り寄せを併せて使えば、時間がある場合には有益な調査ができそうです。

関連記事
2012/01/20(Fri) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
偽名の健康保険証
弁護士石井琢磨です。

先日、約2年の付き合いがある友人と飲んでいる際に、
「実は、私は弁護士じゃないかもしれないですよ」
と言ってみました。

自分が弁護士であるとして名刺交換をし、相手はそれを信用し、それ以来、ずっと私が弁護士であることを前提にしています。
当然、私も相手の肩書きを信用している。
しかし、これは怖いことでもあります。

弁護士かどうかは、日弁連のサイトで検索をすれば、登録が確認できます。
ただし、そこで確認できるのは、「石井琢磨=弁護士」であるところまで。
「目の前の人物=石井琢磨」の確認はできない(日弁連サイトに写真を登録していなければ)。

目の前の人物は偽物かもしれません。

こんな話題を出すのは、新年早々、いろいろありすぎて、精神が崩壊しているからではありません。


偽名の健康保険証を入手し、何年も生活を続けている人の報道を見たからです。
報道によると、この人は、偽名の履歴書で就職し、就職先を通じて健康保険協会から偽名の健康保険証を取得。この保険証で、携帯電話や銀行口座の契約もしていたそう。
いまは、当時よりも、銀行や携帯電話会社も身分証明書の偽造について警戒していると思います。
写真がない保険証は偽造されやすいと言われ、多くの協会では偽造しにくいタイプのものに変更もされています。しかし、保険証が身分証明書として重視されているのは事実。大元の発行自体が緩やかにされている場合には、どうしようもない。

就職先の会社が履歴書だけで信じるなんて甘いのではないか、という意見があるかもしれません。しかし、私自身、健康保険とは関係ありませんが、個人事業主として何人もの弁護士・スタッフに働いてもらっているところ、履歴書以外に免許証の写しを求めたりしていません。これが雇用現場の実情ではないでしょうか。

健康保険証が意外に簡単に発行できる話は以前からされていましたが、ここまで新聞等で報道されるのは珍しいと思います。
悪用される前に対策をとってほしいもの。

何しろ、偽名で健康保険証が作れるということは、報道されたように携帯電話・銀行預金口座が作れるということにつながります。


まったく減らない振り込め詐欺には、使い捨ての携帯電話と銀行口座(か現金を受領する捨て駒となる人物)が必要。

これらは裏で安く売買されています。
お金に困り名義を貸して詐欺罪で処分される人もいます。

私が以前に国選弁護で担当した事件では、
お金が欲しい→銀行口座や携帯電話を売ろう
→口座や携帯電話を手に入れるため、身分証として免許証を偽造。
→免許証の偽造には、都道府県ごとの見本が必要だ。
→都道府県ごとの見本を手に入れるために出張して免許証をひったくり。

このように当初のお金が欲しいという目的からかけ離れ過ぎているんじゃないか、というロジックでひったくりをして怪我をさせ強盗致傷罪成立。

とても高くついた事件でした。

このケースでも、身分証明書として偽名の健康保険証を入手できたなら、出張してひったくりまでしなかったでしょう。


今回の報道の話だと、健康保険証を申請する会社側の審査が甘い(もしくは、共謀している)と、存在しない人の健康保険証、携帯電話、銀行口座が大量にできてしまうことになりそうです。

では、会社、たとえば株式会社を作る際にどのような書類が必要なのでしょうか?

公的機関が発行した書類で必要なものとして、代表取締役の印鑑証明書があります。

私が10年前に担当した事件では、印鑑証明書を家族以外の第三者に不正取得されて、不動産登記を移転させられていました。

会社という法人は、もともと抽象的な存在。
違法ではありますが、会社が法的にも存在しないのに、「株式会社」という名刺が配られているシーンは悪質商法の現場ではよくあります。
さらに、法的に会社は存在していても、上記の手順を踏んだ場合、実態がなく、足も付きにくい会社の可能性もあります。偽造や不正入手した印鑑証明書をもとに作成されている可能性も否定できません。

そのような会社を作ることができれば、今回のような健康保険証を大量に作られてしまう危険があるのです。

健康保険証の発行体は、これ以上問題が悪化しないうちに不正取得の危険性を減らす仕組みを作った方が良いとともに、われわれは、目の前の人(法人も個人も)がずっといるとは考えない方が良いと思います。



関連記事
2012/01/19(Thu) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「練習しないで、字がうまくなる」ための代償
弁護士石井琢磨です。

私は、年末に年間目標の検証と翌年の目標を紙に書き、
正月に遺言を書きます。

どちらも定期的にメンテナンスが必要ですが、時期を決めておかないと先送りしてしまうので、年末年始にやってしまいます。

「目標」はともかく、「遺言」は手書きでなければ無効です。

自分の書いた目標や遺言を見ると、威厳が微塵もありません。


字の汚さが原因です。


このままでは、私の死後、遺族が「石井琢磨は字が汚かった人間」という印象を持ってしまう。
それどころか、「これ、なんて読むんだろう?」と遺言の解釈に影響を与えてしまうかもしれません。

これまでも、事務所のスタッフから「なんて読むんですか?」と聞かれたり、銀行で口座を作ろうとしたら、違う字の名義の口座ができてしまったり、多くの人に迷惑をかけてきました。
もちろん、自分でも、「素晴らしいアイデアだ!」と思ってメモをしたものを読み返しても、読めず悔しい思いをしたことも多々あります。


さすがに、このままではマズイと少しだけ思った私。

そんなときにサンマーク出版のツイッターから素晴らしい本が紹介されました。


『練習しないで、字がうまくなる!』




0.1秒も躊躇せずにタイトル買いしました。



練習しないで、字がうまくなる!
練習しないで、字がうまくなる!
阿久津直記

サンマーク出版 2011-12-16
売り上げランキング : 17528


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





多大なる期待をして読み出しましたが・・・


「油性インクではきれいな字を書けません。」


という箇所で、撃沈しました。


私が利用しているのは、ジェットストリームという油性インクボールペン。
本田直之さんが、『レバレッジ勉強法』の中で、「世界一書きやすい」という紹介をしていたので、それ以来、このペンを使っています。

さらに、この本を読んでいくと、

「練習せずにきれいな字を書きたいのならば、下敷きは必須。」

デスクマットなど下敷きのあるところで書くことを勧めています。

私の机にはデスクマットはない。


どうやら、字が汚いと言われるのは、

私が悪いわけではなく、

筆記用具と環境が原因
のようです。

しかし、仕事上、ペンを替えるのは難しい。


読み始めた当初からは、かなり下がったテンションで読み進めていくと、トドメの一撃を食らいました。

「うまい人でさえゆっくり書くのに、みなさんが速く書いてきれいに書けるわけがない。
「ペンの速度は秒速1センチ。」


「練習しないで、字がうまくなる」ための一番の代償が、時間。

これは厳しい話です。

法律相談など時間単位でお金を請求するシーンの場合、秒速1センチでメモを取っていたら、相談者からクレームがつきそうです。


このような流れで、私が出した結論。

練習もせずに、今のスピードを落とさずに字をうまく書くのは難しいらしい。
だから、もう字でメモするのはあきらめて、記号でメモするか。


フォロー。
本のなかでは、時間をかけて書く際には、どのような字はどのように書けばうまく見えるか、コツもたくさん載っていますので、字をうまく見せたい方はぜひ読んでみてくださいね。
遺言、婚姻届、ラブレターなど、大事なシーンでは、このテクニックを使いましょう。



関連記事
2012/01/14(Sat) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『経営者・平清盛の失敗』の時代の多重債務問題
弁護士石井琢磨です。

今日から大河ドラマで平清盛をやるそうですね。
松山ケンイチさんが気になるので少しだけ見てみようかと思います。

それに先立ち、山田真哉さんの『経営者・平清盛の失敗』を読みました。


経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書
経営者・平清盛の失敗 会計士が書いた歴史と経済の教科書山田 真哉

講談社 2011-12-16
売り上げランキング : 425


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






平家が栄えたのは、宋との貿易や宋銭という通貨が理由、という話は斬新で楽しく読めました。

平清盛の時代、日本には貨幣が流通しておらず、米などで取引をしていたそうです。
その200年程度前には、貨幣があったものの、結局定着しなかったみたいですね。

平清盛のストーリー以外に、貨幣の話として読むと、さらに面白いです。

今の時代は、多重債務が問題になっていますが、当時も、銭を貸す事業はあったようで、多額の債務を負ってしまった人たちがいたそう。
この本によれば、利息は1年4カ月後に100%だそう。
いまならヤミ金と認定される利率です。

歴史上の記録では、当時「銭の病」という言葉が残されているそうで、本書では、これは返済不能の多額の債務者が世の中に大量発生した状況を指したのではないか、と推測しています。
鎌倉時代初期の宋銭停止令は、貸出利率を規制する利息制限法とセットで発布されたそう。

今の日本では、ヤミ金増加、多重債務者増加、利息制限法改正などがありました。

この本を読むと、平清盛の時代は、まさに今の日本に似ている気がしてきます。

人は、結局、借金をしてしまう生き物なのですね・・・


しかし、当時の債務者問題は解決されたようです。

では、どのように解決されたのでしょうか?
本書のネタばらしになるため、ここでは書きませんが、
経済を見ている人の本を読んでいると、これからの日本で起こってもおかしくないと思える内容です。


日本で生きていく予定の方は読んで対策をしておきましょう。





関連記事
2012/01/08(Sun) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
換価困難な外貨被害の報道について
弁護士石井琢磨です。

1月5日付け日経新聞朝刊で、換価困難の外貨を買わせる商法への注意喚起がされていました。

国民生活センターでも、昨年10月にウェブサイト上で報告されています。
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20111027_2.html

国民生活センターの報告では、以前から被害報告されていた
イラク
スーダン
のほかに
アフガニスタンの通貨を買わされるケースが増えています。

他の悪質商法で被害を受けた方の二次被害が目立つ
買わされる前に、その外貨を買い取るとか、他の悪質商法で買わされた未公開株を買い取る、などの約束がされている
ケースもあるようです。
その結果、購入させられた外貨は、国内で円への換金が困難だったり、高値だったりするようです。

アフガニスタンの通貨価値なんて普通の人は分からないですからね。

日経新聞によれば、買い取る約束をした会社は、2,3か月程度で実体がなくなってしまうとのこと。


以前から未公開株商法をしていた会社は、一定期間で姿を消してしまうことがよく見られていました。

振り込め詐欺が出てきたのは、携帯電話と銀行口座が使い捨てられるくらい価値が下がった(人も)からです。
会社という法人格も使い捨てられてしまいます。

個人であっても法人であっても、そこにいる人が本当は誰なのかわからない。
いつまで存在するかわからない。

お金を払う場合には、そういう前提に立ってくださいね。




関連記事
2012/01/06(Fri) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
集中力を取り戻す3つの方法
弁護士石井琢磨です。

あけましておめでとうございます。

年末年始は久しぶりに3日以上連続しての休息を取ることができ、リフレッシュできました。
休みボケと言われないよう、集中してスタートしたいと思います。

じつは、昨年12月は集中力が落ちていました。
いろいろな作業のパフォーマンスが落ちてしまっていました。
30分でできていたことに45分かかってしまう。

人間には好調・不調の波があります。1日という短期間で見ても、1年という長期間で見ても波があります。
悪い時期があるのは仕方ないとしても、最低限のパフォーマンスは維持したいもの。

年末にかけて集中力を戻せた方法が3つありますので、紹介しておきます。


1 他人の集中方法をマネする。

どんな集中力が必要かは、置かれた状況によります。
100m走のスタート時に求められる集中力と、3時間の試験を受ける時に求められる集中力は違います。
自分と似た状況にあって集中できている人の集中方法をマネすると良いでしょう。

私は12月に、深く深く考えるタイプの集中力が必要だったため、
将棋の羽生善治さんの本を参考にしたら、良い集中力を得られました。


「私が深く集中するときは、スキンダイビングで海に深く潜っていく感覚と似ている。一気に深い集中力には到達できない。潜るときにはゆっくりと、水圧に体を慣らしながら潜るように、集中力もだんだんと深めていかなければならない。そのステップを省略すると、深い集中の域に達することはできない。」


決断力 (角川oneテーマ21)
決断力 (角川oneテーマ21)





潜りながら考えていくと、深い思考ができました。


2 集中している人を見る。

私は他人の影響を受けやすいタイプです。
熱い人と過ごすと、自分も熱くなっている。
逆もしかり。
集中力も同じです。
集中している人を見ると自分も集中力が上がります。

集中力も伝染するのです。

見る人は、現実の人でなくても、効果があると感じています。

たとえば、映画やマンガであっても集中しているシーンを見ると、自分の集中力も上がってきます。
ただし、マンガに没頭してしまうのは本末転倒ですので、引き際は肝心です。


年末に先輩から勧められた『ちはやふる』というマンガを一気に読んでみました。

ちはやふる 1-11巻 コミックセット (Be・Loveコミックス)
ちはやふる 1-11巻 コミックセット (Be・Loveコミックス)





競技かるたを題材にしたマンガです。
競技かるたでは、読み手の音に対していかに速く反応して札を取るかを競うため、これでもか、というほど集中しているシーンが出てきます。

読んだ後、しばらくは集中力が上がっていました。

マンガでやる気の出るシーンを持ち歩いているという方もいましたので、集中しているシーンを持ち歩くのも効果的でしょう。




3 余計なものを目に入らないようにする。



余計なものが目に入ってしまうと集中力は下がります。

人は、目の前におせち料理を並べられたままでいると、ダラダラと食べ続けてしまうもの。
目の前に情報があると、取り込んでしまうもの。

年末に大掃除をした方は、机などから余計なものがなくなっていることでしょう。
まだの方はぜひ机を整理してみましょう。


では、みなさん、2012年も集中して!




関連記事
2012/01/04(Wed) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る