『30代を後悔しない50のリスト』と結婚について
弁護士石井琢磨です。

30代も中盤に入り、
『30代を後悔しない50のリスト』という本を手に取りました。

30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則
30代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則




1万人の失敗談から、
30代で後悔していることをリスト化した本です。

自分の過去を「~たら」「~れば」と言い出しても時間の無駄だと思いますが、
他人の「~たら」「~れば」は、同じ轍を踏まないためにも価値が高い情報だと思います。

「36 もっと海外旅行に行けばよかった」
「40 お金を貯めるクセをつけておくべきだった」

など、全く自分が意識していない項目が載っていると、あせります。
30代と40代では旅行の意味が変わるらしいですよ。
急がねば!




さて、この本の一番のツッコミどころは

「28 結婚すればよかった」
「29 結婚しなければよかった」


でしょう。


目次だけ見ると、結婚してもしなくても後悔するという・・・恐ろしい話です。


本書の後悔リストでは、
「23 転職すればよかった」
「26 家を買えばよかった」
など仕事や私生活での項目も並んでいます。

そのほとんどが、「~すればよかった」と行動しなかった点の後悔なのに対して、
結婚だけは
「しなければよかった」と行動した点への後悔も取り上げられています。


それだけ正解がわかりにくい問題なのでしょう。

本書によると、4人に1人は結婚できず、4人に1人は離婚するらしいですからね。


結婚は、夫婦間の契約であり、権利とともに義務が発生するものです。
メリットもあればデメリットもあるのが当然。

結婚すればよかった、と後悔している人は、結婚のメリットが大きいと感じている
結婚しなければよかった、と後悔している人は、結婚のデメリットの方が大きいと感じている

何を期待し、何を覚悟するのか。

メリットとデメリットの大きさを読み違えた人が後悔しているように思えます。

もちろん不安定な人間同士のことなので読み切るのは難しいでしょう。
ただ、予測したうえで行動することで、納得感が生じ、後悔は減ると思います。

あとはメリットに過度な期待をしないことでしょうか。


この本に続けて、和田秀樹さんの『人生の9割は40代で決まる』という本も読みました。

人生の9割は40代で決まる
人生の9割は40代で決まる





このタイトルが正しければ、『30代』の本を読む意義は一体。

私はまだ40代を過ごしていないので、9割決まるかどうかはサッパリ分かりません。

ただ、こちらの本にも、結婚について、すごいことが書かれていました。

「離婚の決断をするなら40代でしたほうがよい」

理由は、40代なら新しいパートナーを探すのに間に合うからだそうです。

さすが、受験指導もしていた和田さんです。

人間が、同じ間違いを二度としないことを前提にしています

40代で同じ間違いを繰り返してしまうと、いっそう後悔しそうですね。


以上をまとめると、結婚でいちばん後悔する人生は
30代で結婚して
40代で離婚して
40代で新しいパートナーと出会い再婚
でも「やっぱり結婚しなければよかった」と悔やみ離婚。
40代で新しいパートナーと出会い再々婚
でも「やっぱり結婚しなければよかった」と悔やんでいるという人生でしょうか。

こういう人は、後悔しているかもしれないけど、ものすごく折れない心を持っていそうです。



関連記事
2011/11/30(Wed) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
消費者法ニュースより、ニセ弁護士撃退の話
弁護士石井琢磨です。

「相模川法律事務所」の名刺を見せて領収書をもらうと
「相模原」だったり「相模原市民法律事務所」だったりするので、もう皆さんの目の錯覚を楽しむことにしました。


さて、今年に入って増えている、悪質商法二次被害の詐欺。

過去に悪質商法の被害を受けた人に対して、

「隠し財産が見つかった」

「スイスの口座を押えた」

「今なら取り返せます」

などと勧誘して、さらにお金を取る詐欺事件です。


消費者法ニュース89号を読んでいたら、この類の詐欺業者が高齢者の自宅に来て説明する現場に潜み、隠しカメラで撮影していた弁護士の話が載っていました。


詐欺業者が架空の弁護士名を名乗り、

適当な法律用語をそれらしく語り、

自分には詐欺に遭った親戚がいるから正義のためにやっている、などとそれらしく語る、

というシーンが生々しく掲載されていて参考になります。



この件では、弁護士が高齢者に対して「詐欺ですよ」と言っているのに、高齢者がお金を払おうとしています。
振り込め詐欺の被害で、銀行員に止められても払おうとするケースに似ていますね。
お金を払う際に、冷静な第三者の立ち会いは必須。


こんな現場に立ち会う機会があったら、私も色々と活用していきたいと思います。

関連記事
2011/11/27(Sun) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家計の管理を妻から自分に移す方法
弁護士石井琢磨です。

うちの事務所には、借金の返済に困って相談に来る方が結構います。

そのなかには、平均以上の収入がありながら、消費者金融に手を出してしまっている方も多いです。

どうしてでしょう?


原因のなかで、意外に多いのが、かなりの収入はある一方で
「家計は妻に任せていまして、どうしてこうなったのか分からない」
という方。

仕事はできるのに、家計管理がまずいために破産予備軍になってしまう。

このような方の中には、相談後、家計の管理者を配偶者から自分に変更することが多いです。

しかし、できる人は、最初から家計もしっかり管理しているものです。

『プロフェッショナルサラリーマン』という本を読みました。

その中には、次のような記載があります。

自分よりも配偶者のほうがすぐれた金銭感覚を持っているというなら、家庭的には問題ないかもしれません。しかしそうでないなら、自分が働いて得た収入を、自分よりビジネス感覚の劣る配偶者に任せきりで、その後の状況がさっぱりわからない状態にしてしまうのは危険極まりないことです。



プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術
プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術





夫婦で共働きをしている私の知人は、1万円以上の支出は家族会議の承諾が必要というルールをつくっています。

妻が家計を管理したいと言い出したとき、「簿記2級を取ったら考えてやる」と言った弁護士がいます。

もちろん、『神様の女房』のように、配偶者にこそ家計管理能力がある場合もあります。
神様の女房
神様の女房



適材適所ということ。


配偶者から家計管理権限を移動させる自信がないときには、
『プロフェッショナルサラリーマン』のような本を使って説得しましょう。

使える一冊です。


プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術
プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術





関連記事
2011/11/25(Fri) | 借金問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
個人再生事件における不動産価値の評価について、神奈川県の運用
弁護士石井琢磨です。

個人再生事件における土地と建物の所有者が別というケースで、不動産の清算価値について、神奈川県内での運用が変わるそうです。


11月18日に横浜地方裁判所で開かれた破産管財人協議会という会議に出席したときの話。

じつは、この会議、県内の破産事件や再生事件の運用に大きな影響を持つ会議なのです。


その中で、個人再生事件における不動産の清算価値についての話がありました。

個人再生事件については、いくつかの書籍が出版されていますが、神奈川県内の裁判所では書籍と違う運用がされていたため混乱が起きていました。

本に書いてあることを前提に事件を進めたところ、裁判所からNGがかかる。
書籍でいくら勉強しても、実際の事件で違う対応がされてしまうのは、プロとしては困りもの。
お客さんにも迷惑かけてしまいます。
実際に全国的なMLでも問題にされていました。

しかし、今回の会議でようやく修正され、書籍と概ね整合する運用になるそう。


具体的には、次の問題のことです。
建物と土地が別人の所有物だったり、共有の場合の不動産価値です。

たとえば、申立人が建物所有、敷地は義父が所有。両物件に申立人が借りた住宅ローンの抵当権がついている。
建物400万
利用権200万
敷地1800万
住宅ローンが1200万の場合。

この場合の不動産の価値をいくらと判断するか、という問題。

不動産価値1



個人再生事件の要件に、財産価値以上の支払があるため、申立人としては財産の価値は低く算定してもらいたい。


このような所有者が別という物件でも、住宅ローンが土地建物の全体価値を上回っている場合には、個人再生手続上の財産価値としては0円となります。たとえば次のケース。
建物400万
利用権200万
敷地1800万
住宅ローンが3000万の場合。

不動産価値2


また、比較事例として、土地建物両方とも申立人が所有している場合。
建物400万
敷地2000万
住宅ローンが1200万の場合。

不動産の財産価値は、不動産価格からローン金額を差し引いて算出します。
2400万円-1200万=1200万円の価値。

不動産価値3



では、最初の設定に戻ります。単純化して
申立人分(建物400万+利用権200万) 600万
他人分 敷地1800万
住宅ローンが1200万の場合。

不動産価値1


この住宅ローン金額をどこから差し引くかが問題です。

書籍によると、

事例解説個人再生―大阪再生物語
事例解説個人再生―大阪再生物語



まず申立人の部分からローンに充てるべき。
つまり、住宅ローン1200万円は、まず申立人分に600万、足りない部分を敷地部分に600万あてる。
敷地部分の価値は、1800万-600万=1200万。
建物と利用権の価値は0円と評価する。

不動産価値4



このような書籍の記載を前提に、個人再生の申立をしていると、
神奈川県内では、最近まで、
住宅ローンの1200万円は、
申立人分 600万
他人分 1800万
に按分して割り付けるべき、と指示されていたのです。

申立人分 600万  → 割付額 300万
他人分  1800万 → 割付額 900万

つまり申立人の財産は、600万-300万=300万円と評価される。

不動産価値5



そのため、個人再生の要件である財産以上の支払いをしないといけない、という要件を満たすために
300万円以上の支払いが必要になる。

0円か300万円か。大きな結論の差です。

今回の協議会により、神奈川でも、個人再生の入口の時点で300万円という決めつけをしてしまうのは良くないとのことで、このケースでは、書籍にしたがって0円の結論、ただし事案によって柔軟な対応をする、という運用に変更になるそうです。

とりあえず、混乱が減りそうで、良かったです。


関連記事
2011/11/20(Sun) | 借金問題 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
厚木女子の流行
弁護士石井琢磨です。

厚木市の本屋で見つけた『厚木のサムライたち』という本を読んでみました。
地元だけに大きく展開されていました。

厚木のサムライたち―B級グルメ「シロコロ・ホルモン」にみる地域ブランドのつくり方
厚木のサムライたち―B級グルメ「シロコロ・ホルモン」にみる地域ブランドのつくり方






厚木をシロコロの町であるかのようにしてしまったB級グルメ活動の本です。

厚木のイメージキャラクターも「あゆコロ」という豚となり、今ではあゆコログッズを販売。
あゆコロ切手まで出ています。

このブームはどこから火を付けたのか。


私は厚木で育っていますが、シロコロというものの存在を最初に知ったルートはテレビでした。


テレビを観て

え?うちの地元!?


B-1グランプリを獲るまでは、地元の友人も同じような認識でした。


あー、ホルモン屋さんって、そういえば結構あるよね

という程度の認識。


そんな食べ物を全国区にした戦略は参考になります。


「これは人気投票だ。いかにお客様に喜んでもらえたかの競争だ。」

という考えを持って
票を集めるためにワイロ(ティッシュ)を配ったりもしたそうです。

情熱は伝染する。その証拠となる一冊でしょう。


さらに、私は、本書で新事実を知りました。

「ホルモン女子会」なるものが市民の間で流行している。




本当ですか!?

私の周りの厚木女子は流行遅れなのでしょうか。


流行に乗り遅れないために、ホルモン異業種交流会でも開きましょうか。



関連記事
2011/11/13(Sun) | 厚木の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
弁護士とマーケティング
弁護士石井琢磨です。

横浜みなとみらいで開催された弁護士会の業務改革シンポジウムに行ってきました。

ツリー












テーマがいくつもあるなかで、「小規模法律事務所におけるマーケティング」という分科会に参加。
闘う弁護士軍団代表や弁護士ドットコム運営者など、業界著名人によるパネルディスカッションがメインでした。

弁護士とマーケティングの組み合わせを見ると、「儲けようとしている」と思う人もいるでしょう。

たしかに、事務所を維持するために一定の売上は必要ですが、それが全てではありません。
パネラーとして発言されていた弁護士も、売上目的だけで色んなマーケティング活動をしている人はいませんでした。

お客様目線で、良いサービスを提供したい
法的サービスを広く届けたい

という思いを語っていました。

まあ、何百人もの前で、「私は稼ぐためだけにマーケティングをしている」とは、思っていても語らないでしょうが。

私もブログなど、マーケティングっぽいことはしていますが、売上目的ではありません。
売上目的ならもっと巧くやります。

ブログの目的は、広い意味での情報提供。
法的な視点からの選択肢の提供にあります。


タイトルを付けるなら、まさにこういう発想です。

僕は君たちに武器を配りたい
僕は君たちに武器を配りたい





パネルディスカッションの中で、

選ばれるためには、まず知ってもらう必要がある

という話がありました。
数多くの弁護士の中で選ばれるためには、お客様に認識してもらわないといけないという話。

もちろんこれは弁護士に限られた話ではありません。

本を買ってもらうためには、その本を何らかの方法で知ってもらう必要があります。
観光に来てもらうためには、その場所を知ってもらう必要があります。

法的な問題が起きた場合にも同じ話があてはまります。

解決方法の選択肢を知ってもらう必要があるのです。

選択肢を知らないことで、不利益を受けてしまう。もったいない!
そんな事態を回避してもらいたいわけです。

なぜなら、あまりにも多くの後悔を見てきたからです。


情報提供という視点から見ても、パネルディスカッションの内容はためになるものでした。

今後の事務所活動に活かしていきますよ。お楽しみに!


関連記事
2011/11/12(Sat) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
海外旅行のキャンセル料拡大
弁護士石井琢磨です。

先日、日経新聞で、海外旅行のキャンセル料が拡大される見通しだと報道されていました。

現在は旅行の30日前からキャンセル料がかかるところ、これを90日前からに拡大される見通しだそうです。

ギリギリでキャンセルする人が多いのが拡大する理由のようです。
キャンセル料発生が有効だという前提に立ちます。

旅行のキャンセル料は、私たちの業務でも損害賠償事件などで関わることがあります。
やむを得ず旅行をキャンセルした場合、そのキャンセル料を誰かに損害賠償請求するケースが想定されます。

たとえば交通事故。

交通事故でケガをしてしまい、旅行どころじゃなくなって、泣く泣くキャンセル。
キャンセル料がかかる時期だったため、これを支払った場合。
このキャンセル料も事故と関係がある損害として加害者に賠償請求することができます。
裁判では、家族の旅行キャンセル料を認めたものもあります。

キャンセル料が発生するケースが増えると、交通事故での損害賠償請求額が増えると予想されます。


交通事故以外にも、
たとえば婚約破棄。

婚約が不当に破棄されたたため、予定していた新婚旅行がやむなくキャンセルに。
キャンセル料がかかる時期だったため、これを支払った場合。
これも婚約破棄と関係がある損害として賠償請求できます。


交通事故に遭うかもしれない方、婚約破棄するかもしれない方は、今後の動向をチェックしておきましょう。



関連記事
2011/11/10(Thu) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
飲食店とクレーム
弁護士石井琢磨です。

店舗経営者から受ける相談の中で、比較的多い相談が、クレーム対応。

法律事務所でもクレームはあります。弁護士会にも対応窓口があります。
人と接する機会がある以上、どんな店舗でもクレーム可能性はあります。

そんな中でも、飲食店ほどクレームが多い店舗はないでしょう。
私も若かりし頃、友人と飲みに行ったお店で、1杯目のビールが20分来なかったことでクレームを出して去ったことがあります。

クレーム対応で最も重要なのが初期対応。
最初の一歩を間違えると、大騒ぎになることもあります。
クレーム問題から発展して犯罪事件が発生することすらあるのです。

しかし、多くの場合、クレームに初期対応をするのは経営者ではなく従業員。
思うように対応してくれないことも多いでしょう。

そんな経営者の方にお勧めの一冊。

どうしてくれる!?店長1万人のクレーム対応術―37のトラブルから学ぶクレーム対応術
どうしてくれる!?店長1万人のクレーム対応術―37のトラブルから学ぶクレーム対応術





クレーム対応だけではなく、こんなクレームは法律的にどうなの?という視点で書かれている部分もあります。
例えば「衣服汚損をネタに脅されたら?」「忘れ物と法的責任」など、参考になりそうですよね。

特に飲食店のクレーム問題が多く取り上げられているので、飲食店経営者は参考のために従業員にも読ませておいた方が良いと考えます。

初期対応を失敗して、大騒ぎになったら、そこにとられる労力は多大ですから。



関連記事
2011/11/06(Sun) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1日2時間の勉強で司法試験に合格する方法?
弁護士石井琢磨です。

『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本』

という本を読みました。

私は45歳前後でもないし、
会社人生でもありません。

なぜ読んだのかというと、目次を見たら、

1日2時間の勉強で司法試験に合格する方法


という項目があったからです。

法科大学院制度による新司法試験になってから合格率が上がったとはいえ
1日2時間?
で合格できるなら、すごいでしょう。

その効率的なノウハウを知るために読んでみたのです。


新司法試験に短期合格するためには

どうしたら最短距離で合格できるのかを考える
仕事の前の朝1時間、就寝前の1時間を利用
予備校を利用、情報収集
余分な勉強はやめる

などの方法が必要とのことです。


1日2時間以外にも電車での移動中や週末の勉強はあると思いますが、仕事をしながらの試験勉強では
結果を出すための効率的な勉強は欠かせません。

この本を読むと、試験制度の変更時期のため周囲の受験生が遅れを取ったという特殊事情もあったようですが、合格するための本質は同じです。

短期間で結果を出したい方は参考にしてみてください。



45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本―成功するキャリア30の秘訣
45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本―成功するキャリア30の秘訣

関連記事
2011/11/01(Tue) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る