偽装養子縁組に潜む3つリスク
弁護士の石井です。

養子縁組の偽装のお話。
養子縁組は、以前から悪用される例が後を絶たず、問題視されていました。
最近、また話題になってきましたね。
実際には養子になる気がないのに届出を出して養子を装う問題です。


養子縁組には、普通と特別の2種類があります。
特別養子縁組は親子の結びつきが強い縁組。家裁の手続が必要など要件も厳しいため、普通養子縁組のように悪用される例は多くありません。

養子縁組のうち、普通の養子縁組のほうは、市町村に届出をするだけで成立します。
多少の要件はありますが、二人の同意があれば成立するもの。
悪用されるのはカンタンにできる普通養子縁組のほうです。


この養子縁組はなぜ悪用されてしまうのでしょうか?


養子縁組が悪用されるのは、戸籍上の名字が変わることで、別人を装えちゃうからです。別人のフリができれば、借金をするほか、銀行口座を開設したり、ケータイをつくったりできますね。
そして、それらは売れる。その後、詐欺に使われる、という流れです。
実際に、偽装縁組で刑事裁判になっているケースでは、詐欺や文書偽造などとセットにされていることが多いのです。

このように戸籍を使うことで、現金を手に入れることができてしまうのが悪用される原因。


偽装縁組は、自分の意思でする場合のほか、騙されてしたり、ひどい時には無断で養子縁組をされてしてしまう例もあります。

身分証明書を紛失したら、勝手に縁組されたというニュースもありました。

私が相談を受けたケースでは、「先輩から言われて10人以上と養子縁組をしてしまっている」という方もいました。

このように悪用されまくっていた養子縁組。
そのため、なんとかしなきゃいけない、ということで、市町村に出された届出が不審な場合には、法務局に照会が行き、すぐには受理しない扱いがされることになりました。
http://www.asahi.com/national/update/0108/TKY201101080156.html

これによって、何人もと連続して養子縁組をするというケースは少なくなるかもしれません。

それでも、この網を抜ければ、まだまだ悪用されてしまいます。


このように悪用される養子縁組の偽装にはリスクが3つあります。


1番目は刑事リスク。


本当には養子縁組をする意思がないのに、縁組の届出を出すことは犯罪です。
公正証書原本不実記載、同行使(または電磁的)になります。
これは年間1100~1200件程度検挙されている犯罪。
もちろん、詐欺や文書偽造もからむとドンドン重くなります。


2番目が相続リスク。


戸籍という形式上は、親子関係が生じてしまっているため、
相続
が発生します。

養子縁組を繰り返して戸籍上10人の親がいる形になっていると

その形式上の親が借金を残して死亡した場合

10人分の借金の請求が来ます。

もちろん、請求が来た時点で、養子縁組の無効確認請求をしたり、相続放棄という手続でこのリスクは避けられますが、手間ですよね。
手に入れたわずかなお金よりも遙かに面倒なリスクが待っているはずです。


3番目が扶養リスク。

さらには、形式上は親子ですので、
「養ってくれよ~」と親から請求されることもあるかもしれません。
自分が無効な縁組だと争っても、相手が「いやいや、私たち親子だよね?」と言い始めたら、これまた面倒です。



これらのリスクがあるため、無効になるような偽装養子縁組はしないに越したことはありません。
養子縁組が偽装だとして無効とされるかどうか、多くは、養子縁組の意思があるかどうかにかかってきます。

じつは、この養子縁組は、悪用されるケースのほか、便宜的に使われてきた実績があります。
養子が多いと相続税が安くなる時代には、節税のために多くの養子縁組がされました。
また、刑務所の面会のために養子縁組をする例もあったそうです。

民法IV 補訂版 親族・相続
民法IV 補訂版 親族・相続





民法上は、養子縁組が有効か無効かは、「養子であることの法的効果を全面的に享受する意思があるか」で判断すればよいとされています。
法的効果は、成年を養子にする場合、相続と扶養くらいしかないとされています。


つまり、養子縁組するなら、相続や扶養を受け入れなければならないということです。

お忘れなく。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ





関連記事
2011/06/30(Thu) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もし勾留中の被告人が家族から『闇金ウシジマくん』を差し入れされたら
弁護士の石井です。

警察署で接見の順番を待っていたときのこと。

一般の方が、勾留されている家族にマンガの差し入れをしていました。

闇金ウシジマくん


闇金ウシジマくん 21 (ビッグコミックス)
闇金ウシジマくん 21 (ビッグコミックス)



まさかヤミ金をして勾留されている人ではないと思いますが、それでも心配になります。

後日、この差し入れが問題にならないか・・・




裁判にて

情状証人として、母親の証人尋問が実施。


弁護人「あなたは、被告人の母親として、被告人を監督していけますか」


母親「はい。もう二度と悪いことはさせません」



- 検察官の反対尋問 -

検察官「被告人に悪いことをさせないって言いますけど、具体的にどうするつもりなんですか?」


母親「もっと会話をしたりしようと思います」


検察官「なるほどね~
     お母さん、被告人にはどのくらいの頻度で接見に行っていましたか?」


母親「心配でしたので、会える日は毎日行きました」


検察官「なにか差し入れをしたことはありますか?」


母親「ええ。服とかマンガとか」


検察官「マンガ。あなたが差し入れをしたのは、『闇金ウシジマくん』ですよね?」


母親「たしか、そんなタイトルだったと思います」


検察官「なんで、このマンガを差し入れたんですか?」


母親「息子が好きなマンガだったので・・・」


検察官「これ、ヤミ金のマンガですよね?」


母親「ええ、おそらく」


検察官「タイトルがヤミ金ですよね?ヤミ金のマンガを差し入れることに抵抗はありませんでしたか?」


母親「そんなこと考えませんでした」


検察官「あなたは、悪いことして捕まっている被告人に対して、ヤミ金になれって思ってるんですか?」


母親「そんな・・・」


検察官「あなたはヤミ金が違法だってことは知ってますよね」


母親「はい」


検察官「更生して欲しいって思っている相手に渡しますか?ヤミ金のマンガを」


弁護人「異議があります。議論になってるかと」


裁判官「検察官、まー、マンガの話はこれくらいでいいんじゃないですか?」


検察官「では、先ほどの質問は撤回して、重要な点を確認します。
   あなたは、これから被告人を監督していくなかで、『闇金ウシジマくん』を読ませ続けるのですね?」


母親「そ、そうですね・・・そこまで言われると、読ませない方がいいのかな、という気がしてきました」




- 弁護人再主尋問 -


弁護人「お母さん、あなたは、マンガの差し入れをする前に『闇金ウシジマくん』というタイトルを聞いたことがありますか?」


母親「そういえば・・・新聞でみた気がします」


弁護人「新聞の、何欄ですか?」


母親「テレビ欄です」


弁護人「『闇金ウシジマくん』がテレビ欄に出ていた?どういう形で載っていたのですか?」


母親「ドラマになっていたんじゃないかしら」


弁護人「あなたは、このマンガはヤミ金になることを勧めるマンガだと思っていましたか?」


母親「いいえ!そんなマンガがテレビになるわけないですし」


弁護人「あなたは、このマンガは、違法なことを勧めるものではない、そう思って差し入れたのですね」


母親「はい」





- 証拠提出 -


裁判官「弁護人、他に立証予定はありますか?」


弁護人「はい、『闇金ウシジマくん』1巻から21巻までを証拠提出したいと思います」


裁判官「ええ!?立証趣旨は?」


弁護人「母親が差し入れたマンガは、違法行為を助長するものではなく、母親の監督能力は十分あるという事実です」


裁判官「うーん、検察官のご意見は?」


検察官「12巻・・・いや、全巻同意します」


裁判官「え?同意?全巻?それ、21巻まで読まなきゃいけないの?」


被告人「ええ、最初だけ読んでもわからないと思います」



- 論告 -

検察官

「母親は、被告人を監督すると誓っていますが、その監督能力には疑問があります。
 母親は、被告人の勾留中、『闇金ウシジマくん』のような、違法なヤミ金融を主人公とするマンガを差し入れるなどしており、被告人の好むものであれば、違法行為を助長するものであっても、被告人に与えるという性格です。
 『闇金ウシジマくん』には、たとえば1巻には『売春ネタで脅して400万ゲッツだ!!』などと、明らかに違法行為を繰り返す登場人物が描かれており、勾留中で本来反省を深めなければならない時期に読むべきものでないことは明らかです。
 このようなマンガを差し入れる母親のもとでは、被告人は十分に更生できるか疑問が残ります」

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)
闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)




- 弁論 -

弁護人

「被告人の母親は、今後、被告人を監督すると誓っています。その監督は十分に機能することから、被告人が同じ過ちを繰り返すことはありません。
 被告人の母親が差し入れた『闇金ウシジマくん』ですが、ヤミ金融を一応の主人公としているものの、同作品は、ヤミ金融を利用するに至ってしまった弱者を取り巻く人間模様を描いたものであり、違法行為を助長する作品ではありません。
たとえば、12巻には『仕事は誰かの役に立っている。もっと僕はちゃんと仕事をしなきゃダメなんだ』などと弱いながらも、社会で生きていく人物が描かれており、被告人の社会復帰を支える要素もあります。
タイトルは、勾留中に差し入れるマンガとして不適切だった可能性もありますが、被告人の母親は、テレビドラマ化もしている同作品に問題があるとは考えていなかったことから、この差し入れだけをもって、監督能力がないと言い切ることはできません」

闇金ウシジマくん 12 (ビッグコミックス)
闇金ウシジマくん 12 (ビッグコミックス)






- 法廷から出た母親と弁護人 -

母親「先生、すみませんでした。私が深く考えずにヤミ金のマンガなんか差し入れたために・・・」


弁護人「終わった話は仕方ないですよ。裁判は、『闇金ウシジマくん』論争みたいになってしまいましたが、執行猶予はつくと思いますよ。」


母親「もう、私も反省して、ヤミ金のマンガの最新刊が発売されても、差し入れはしてないんですよ」


弁護人「まあ、今はやめておいた方がいいですよね。」


母親「代わりに、これを差し入れているんです。

クロサギ』」

クロサギ 18―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス)
クロサギ 18―戦慄の詐欺サスペンス (ヤングサンデーコミックス)




弁護人「いや、だから、犯罪モノはやめて・・・」



次回、弁論再開の予感---


--------------------------


以上は、妄想裁判ですが、ネット上に出ている傍聴記を読むと、現実の裁判で「ゲームの攻略本」を差し入れたことを検察官に追及されている事件もありました。
また、弁護士のサイトでも、少年事件でパチスロ攻略本が差し入れされていることが、環境が悪いと評価される原因になったというケースが紹介されています。
http://www.tokuoka-miyatake.com/life/09.html


家族が逮捕・勾留されたとき、何を差し入れたら良いか、本人の希望にだけ従っていると、思わぬ落とし穴があるかもしれませんのでご注意下さい。



関連記事
2011/06/21(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
免許証のコピーを渡したら損害賠償
弁護士の石井です。

運転免許証の更新をしてきました。最近は、暗証番号も発行されるようになったのですね。
更新時に必要だということですが、レシートみたいな暗証番号用紙を5年後まで持っていられる人はどれくらいいるんでしょうか。


さて、今回は、知人に運転免許証の写しを渡したことを理由に、損害賠償請求をされた人の話。


Mさんは、知人から「いい儲け話があるんだよ」と言われ、免許証のコピーをくれないかと頼まれました。

Mさんは、これを承諾。


その知人は、この免許証の写しを使って、携帯電話をレンタル。
その電話を使って、未公開株詐欺をする。


被害者から、知人だけでなく、Mさんに対しても損害賠償請求がされました。

Mさんは、裁判のなかで、「いや、免許証のコピーを貸したからって、携帯電話がレンタルされちゃうなんて思わないでしょ。借りたの俺じゃないし。
借りたヤツの顔、免許証の俺の写真と違うし」などと反論。


しかし、裁判所は、「儲け話がある」と言われて、免許証の写しを渡したら、悪用されちゃうことくらい予想できたでしょ、とMさんの反論を認めず、知人だけでなく、Mさんにも損害賠償の義務があるとしました。


今回の事例は、東京地方裁判所平成22年12月22日判決を参考にしたものです(消費者法ニュース87号)。


詐欺的商法に対しては、実行犯だけでなく、それに必要な道具を提供した人も加害者であるという考えが広まってきています。
パチンコ攻略法詐欺会社の広告を載せた会社に賠償責任が認められた事例と同じ考え方です。

免許証のコピーですら、渡す場合には気をつけなければなりません。


関連記事
2011/06/16(Thu) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
自動車の空クレジット
弁護士の石井です。

あなたの友人に自動車販売の仕事をしている方はいますか?

その方から、「車を買ったことにして、クレジットを組んでくれない?」と頼まれたら、どうでしょう。

車を買っていないのに、買ったことにしてクレジットを組むという空クレジットの問題。
消費者問題や多重債務問題ではたまに見かける問題です。

本来、自動車をクレジットで購入した場合、

1.クレジット代金が自動車屋さんへ
2.その代金を購入者が分割してクレジット会社へ
3.車は自動車屋さんから購入者へ

という三者間で車やお金が動きます。


空クレジットだと、車の動きがない。
それにもかかわらず、
1.クレジット代金は自動車屋さんへ
2.代金の支払は、購入者からクレジット会社へ
は残るのです。

空クレジットが組まれる経緯は、自動車屋が主導的にクレジット代金を騙し取ろうとして、購入者を巻き込むこともありますし、得体の知れない第三者が入って、自動車屋と購入者にお金を渡して、一部を受領することもあります。

いずれにしても、購入者のクレジット代金の支払が形式上残ってしまい問題になるのです。

そんな怪しいものに協力しないよ、という方がほとんどでしょう。
冷静に考えれば、クレジット代金の問題が残ってしまうのですからメリットはありません。
しかし、自動車屋があなたの友人で、「迷惑かけないから」と頼み込まれたらどうでしょうか?

平成22年7月に破産手続開始決定を受けた、千葉県のキャラバンオートという自動車販売会社があります。
この会社は、名義貸や冒用を繰り返していたそう。被害を受けてクレジット代金だけが残ってしまった購入者の
多くは、首謀者の友人だったそうです。

友人から頼まれても、断固ことわる。
違法行為に誘ってくる時点で、それは友情とは呼べないものに変わっていませんか?



関連記事
2011/06/14(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
訪問買取の手口
弁護士の石井です。


最近、訪問販売ではなく

訪問買取

が問題とされているようです。


国民生活センターでも昨年末に注意喚起されています。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20101221_2.html


訪問買取は

業者が家を訪問してきて

貴金属などを安く買い取っていくという方法。


相談事例を見ると

「認知症の高齢者の自宅で業者が貴金属を探していた」

「見せた貴金属をあっという間に買い取られ、業者の名前も連絡先もわからない」


など、刑事告訴されてもおかしくないような買取(?)方法が紹介されています。



訪問販売については、特定商取引法により規制されていますが、
訪問買取は、直接の規制がありません。

ただ、通常、業者と消費者との契約ですので、消費者契約法は適用されます。
契約前に、虚偽の事実を言われて契約した場合には、契約を取り消すことができます。


この被害の話を聞いたとき、不思議に感じたのは、販売じゃなくて買取というのは、
本来、業者側にもリスクがあるはずなのに、なぜ増えているのかという点。

業者が受け取るのが現金ならリスクは少ないですが、着物や金貨となると
その価値を判断しなければならず、その分リスクがあるように感じます。

半値程度でも、まともな買い取りをしようとすれば、しっかり査定できないといけません。


もし、この点のリスクがないのだとしたら、業者側にとっては、特定商取引法の規制を受けずに利益を得られる商法として、広がっていくでしょうね。



業者側が、そこにある貴金属はまともだという情報を持っていれば、リスクはかなり減る、ということが予想できます。

貴金属の売却、情報提供、買い取り・・・なんか全部つながってる気がするのは気のせいでしょうか。




関連記事
2011/06/13(Mon) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
金貨の売買が無効とされた裁判例
弁護士の石井です。

金貨の売買を装った貸付が無効とされた裁判例の紹介です。

お金を借りたい人がいました。

スポーツ新聞の「当日即現金化」などという広告をみて連絡。

この業者は、5万円の金貨1枚を、代金後払いで6万5600円で売ってくれます。

この業者は、金貨を売った後、金貨を買い取ってくれる業者を紹介します。
買い取り業者は、すぐ近くまで車で来る。
その業者に金貨を売ると、4万2400円程度をもらえます。

形式上は、金貨の売買契約になっているので、業者から
「金貨の代金を払え」という裁判が起こされました。

しかし、実態は、金貨を売った業者と買い取り業者はつながっていて、
4万2400円を貸して、6万5600円を払わせるというもの。

この差額を利率計算すると、約2000パーセントの年利になるそう。

ヤミ金でも最近みないくらい高利です。

ということで、暴利契約ということで無効、業者側の請求を棄却した裁判例です。

札幌簡裁平成23年1月14日判決(消費者法ニュース87号)


判決文では触れられていませんが、実態はヤミ金ですよね。
金貨が色々な物に替わっても成り立つ仕組みです。


関連記事
2011/06/07(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
残虐と残忍のあいだ
弁護士の石井です。

弁護士の仕事は、ほとんどが言葉によっておこなわれます。

弁護士が言葉を構成しておこなう主張では、第一に論理が重要になります。
法律というルールがあって、その適用方法にもルールがあります。
裁判官が認めやすい論理構成を呈示しなければなりません。

ここができていない主張は論外です。


論理がしっかりできていることを前提にすると、さらに気を使いたいのが、言葉の持つ語感です。

同じ意味の言葉なのに、人に与える影響が若干違う言葉があります。
どちらを選ぶと、どういう効果につながるのか。


弁護士の仕事は、書面作成の占める割合が意外に多いです。そのため、すべての書面について、一語一語の語感までチェックすることはなかなか難しいです。
ただ、裁判の流れをみて、勝負どころでは、書面上の語感まで気を使います。
もちろん、交渉など口頭での仕事も同じです。


最近、『語感トレーニング』という語感について学べる本を読みました。

語感トレーニング――日本語のセンスをみがく55題 (岩波新書)
語感トレーニング――日本語のセンスをみがく55題 (岩波新書)




語感の影響について、たとえば、次のような説明があります。

「残虐」も「残酷」も「残忍」も似たような意味だが、「残虐」「残酷」は行動の結果のむごさに重点があり、「残忍」はむごい仕打ちを平気でする人間の無慈悲な心に重点があるような感じが強い。


刑事事件で、検察官の冒頭陳述や論告を聞いていると

そこまで言うか

と感じるほど、被告人のことを悪く印象づける言葉が並び立てられます。

判決でもこれが引用されます。


判例検索ソフトで、これらの言葉で検索してみたら、一番多くヒットしたのは「残虐」でした。


残虐 1296
ex.犯行態様は,執拗,残虐,卑劣である。

残忍 779
ex.殺害態様も,浴槽の水中に沈めて溺死させるという残忍なものである。
ex.確定的殺意に基づく冷酷で残忍な犯行態様である。

残酷489
ex.強い殺意に基づく,非情で残酷な犯行である。


検察官や裁判官が語感まで意識して使っているかは分かりませんが、刑事事件では、行動の結果を重視しているとも言えますかね。



『語感トレーニング』では、さらに

「違法」、「不法」の違い

「しらばくれる」と「しらを切る」の違い

など、言葉の力を上げる情報がたくさん詰まっています。


語感の力を身につけて、まだまだ上を目指していきます。



関連記事
2011/06/02(Thu) | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る