FC2ブログ
訪問販売お断りのステッカー
弁護士の石井です。

以前に、訪問販売お断りのステッカーについて、エントリーを書きました。
http://sagamigawa.blog73.fc2.com/blog-entry-351.html

その内容は次のとおり。
特定商取引法では、訪問販売による売買契約をしない旨の拒絶の意思を表示した消費者に対して、勧誘をしていはいけないと決められています。

この「拒絶」に「訪問販売お断りのステッカー」も含まれるのではないか?
つまり、ステッカーが貼ってある家に、訪問販売の勧誘をすること自体、違法なのではないか?という議論があります。
この議論に対し、一般的なステッカーだけでは、その相手に対する「拒絶」とまでは言えないのではないかとされています。

この問題に関し、消費者法ニュース86号に津谷弁護士による記事が載っていました。

津谷弁護士は、秋田で殺害された方で、日弁連の消費者問題対策委員会の委員長。
この記事が消費者問題についての最期の記事なのか、追悼記事がいくつか載っていました。


彼による訪問販売お断りステッカーについての報告では、各地の条例で、ステッカーによる規制が広がっているそうです。
大阪、奈良、滋賀、兵庫など関西地域の一部の市で、条例による規制などがされているとか。

法的効果云々の前に、全大阪消費者団体連絡会報告書によると、ステッカーを貼った人へのアンケート結果では、
シールを貼ってから
訪問販売が減った 59.4%
効果がある 64%
安心感がある 67.2%
という数値だそう。

消費者センターに寄せられる悪質商法でとにかく件数が多いのが訪問販売による悪質商法。
ステッカー1枚で、訪問販売による悪質商法の相談が減ったというデータまで出てくれば、普及が広まりそうですね。

神奈川でもぜひ!


関連記事
スポンサーサイト



2011/02/28(Mon) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る