30代の会話
弁護士石井です。

先日、同級生の結婚式に出席してきました。

33歳。
同級生の間でされる会話は、配偶者の話、育児の話、お金の話。


どれも5年前に飲んだときには出なかった話題です。


年齢を重ねるにつれて、同年代での話題が変わることは予想していましたが、現実にその年齢になってみると、切実度が違います。

子供が産まれて夫婦の仲が悪くなったという話は、一般論としてはよく聞きますし、仕事柄、聞くことも多かったのですが、酒の場で
「二次会の会費が○円なのに、うちの奥さん○円しかくれない。おかしくない?」
なんて友人の口から聞くと、切実さが痛いくらい伝わってきます。

話題を共有できるのは、同年代だから、というだけでなく、育ってきた文化も影響しているはず。

結婚式の二次会では、ブーケトスならぬキャベツトス(投げられたキャベツを男性が受け取ると幸せになれるらしい)がおこなわれました。
キャベツを取ろうと集まった独身男性陣が「リバウンドォー!」と叫んでいました。
それを聞いた、隣の同級生が「スラムダンク世代だからな」とつぶやく。

高校時代にバスケ漫画であるスラムダンクが流行っていたという共通の文化。

私たちのグループは、この影響も受けているのです。


このようなことは他の世代でも同じようにあります。

共通の話題が「病気」になったり、「相続」になったり、「就職」だったり。
また、その世代の文化が、巨人の星だったり、ワンピースだったり、AKB48だったり。

他の世代のことを理解するには、切実な感情まで理解するには、想像力を働かせないといけない。
その際に、文化を理解していることは、必ず役立つでしょう。


私は、今まで他の世代の文化に触れようとする意識が少なかったことを反省しています。

仕事で成年後見、相続、遺言、離婚、若者の悪質商法。いろんな世代の方から相談を受けます。他の世代の文化を学んでいたら、相談者の切実な感情にもう一歩近づけていたかもしれません。


そうしていたら、イベントの広報や裁判員裁判でも役立てられたはず。


他世代のことを理解するために想像力を働かせることは、騙されないための予防訓練にもなります。
想像力が足りなかったから騙された、というような事件もよくあります。
他世代・他文化の考え方を知らないために騙されてしまう。

さらにいえば、これからは世代間のみならず、グローバルにも考えていかないといけない。

外国人が日本人を騙しにくるということ。
日本人は騙されやすい、なんて外国人の本に書かれていたりしますしね。

色々なものに触れて、多くの文化を見る目を養わないと、想像力が足りずに簡単に騙されてしまうのかもしれない。

やらなきゃいけないこといっぱいありますね。
30代、時間足りないのにね。

というのも、この世代の感情。



30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)
30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)






ランキング参加中です→人気blogランキングへ







関連記事
2010/11/29(Mon) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スタッフの退職
弁護士石井です。

先日、1名のスタッフが出産退職しました。

今年に入って2人連続の出産退職


このスタッフは電車通勤だったので、妊娠発覚直後は「仕事は続けられないかもしれない」と言っていました。しかし、経過が順調だったため、退職時期は1ヶ月ごとに延びていき、今月まで働いてくれたのです。

9月か10月ころ、「11月下旬まで働きます」という話が出たので、11月20日におこなわれた弁護士会支部のイベント、首都圏弁護士会支部サミットで、イメージキャラクターとなっていた二宮金次郎のツイートを急遽担当してもらいました。


ツイッター上で、金次郎になりきってつぶやくという仕事です。

法律事務所の通常の仕事よりは胎教にも良さそうですよね?


このイベントでは、私や他のスタッフ、弁護士も色んなキャラクターでツイートしていたのですが、市民が一番反応したのは彼女のツイートでした。

雑誌編集の経験と書店の絵本売場で働いたという経験を持っていたので、言葉の選び方、独自の世界観の作り方がうまかったのです。

「へー、11月まで働けそう?うーん、じゃあ、二宮金次郎になった気分でツイッターやってみよか」
なんて私の適当な指示にもかかわらず、良い仕事をやり遂げてくれました。


140字以内の日本語でも、人の反応は大きく変わるという現実を見せつけられました。勉強になりましたよ。


個人的には、来年以降予定している活動で色々と教えてもらいことがあったので、この時期の退職は残念ですが、日本を繁栄させるためには仕方がないことです。

元気な子供が産まれますように。


幸せそうに去っていく彼女にに対して、最後に「男の子が産まれたら、『金次郎』って名付けても良いですよ」と言っておきました。


はたして・・・?





ランキング参加中です→人気blogランキングへ












関連記事
2010/11/27(Sat) | 事務所について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『心をひらく技術』に学ぶ、騙されない方法
弁護士の石井です。

先日、『心をひらく技術』の著者である小松成美さんのお話を聞きに行ってきました。

人の心をひらく技術
人の心をひらく技術





この方は、中田英寿さんなどのスポーツ選手のほか、YOSHIKIさんからも、「普通は聞けないでしょ?」と思うような話までインタビューしているのです。

YOSHIKI/佳樹
YOSHIKI/佳樹





弁護士が、人から何かを聞き出す、という場合、2つのケースがあります。
一つは依頼者、相談者から聞き出す。
もう一つは、相手方・敵から聞き出す。

依頼者や相談者は、基本的に「話します」というスタンスでいるので、何かを聞き出すことが難しい訳ではありません。難しいのは整理。そのため、弁護士が聞き出す際には、事件のポイントや法律の要件という型に沿って整理しながら聞くことが多いです。

相手方・敵から聞き出すという場合は、たとえば、裁判の証人尋問のような場面があります。
証人尋問で相手方を尋問するほとんどの場合、その目的は、「あなたの言うこと信用できないよね?」と証言価値を下げる点にあります。
よく誤解されますが、証人尋問の反対尋問は、真実を明らかにするためのものではありません。
相手の証言価値を下げるためにおこなうもの。
そうすると手法としては、証拠との矛盾を浮き彫りにしたり、ワナにかけたり・・・


あまりにも職業的な聞き方ばかりしていると、どんどん人から嫌われそうなので、聞き方のプロである小松さんの話を聞きに行ったのです。

しかし、小松さんの話を数秒聞いて、人から何かを聞き出すために一番重要なのは、技術とかそんな話ではなく、その人が纏っている空気のようなものなのではないかと考えるようになりました。

彼女からは、「あ、この人にだったら話しちゃうな」と感じる空気というかエネルギーを感じたのです。マンガみたいな話になってきた。

他の人はどうなんだろう?と思って、周囲にいる人物で、話を聞き出すことに長けている人を思い出していくと、みんなそんな空気を纏っている気がします。

ついこの人には話してしまう、というタイプの人、いますよね?


もし、人の心に入り込んで、聞き出す力を悪用されたらどうなってしまうのでしょうか。


騙されますよ



そう、詐欺師は、そういう空気を纏っているに違いありません。

「なんで、騙されちゃったのかしら」

もちろん詐欺の仕組みとか対象物とかにもよりますけど、原因の一つは騙す側の空気ですよ。


では、これに対抗するにはどうすればいいのか?


免役をつけて自分を客観視する力を身につけるのが有効です。


私は、今年、一人のライターさんと出会いました。
その方は、「インタビューが得意で、普通は言わないことも喋らせちゃう」腕前だそう。

私がこの方と初めて会ったのは、インタビュー場面ではなく、普通の雑談の場面でした。私は、この方の職業も知りませんでしたが、一言二言交わした瞬間に、危険を感じて、ガードを固めました。
なんかマズい気がする、と察知して、心の中で距離を置いたのです。
ノーガードで接したら、色々と話してしまう、そんな気がしたのです。

これも、今になって考えると、空気を感じたという話。


色んな人の空気に触れて、免疫をつけることで、騙されにくくなります。
ですから、子供の頃から、色んなタイプの人間に触れさせた方がいい。

そうしていくことで、騙される日本人は減っていくことでしょう。



『中国人弁護士・馬さんの交渉術』より引用。


「騙すのは悪くない。騙されるほうが悪い」というのが、中国人にとってごく当たり前の価値観です。

警戒しない。あるいは知識や経験が足りない。それでは騙されるのも当然です。

中国に比べると、日本という国は、人を騙しやすいといえます。というのは、孤独な人が多い気がするからです。



中国人弁護士・馬(マ)さんの交渉術
中国人弁護士・馬(マ)さんの交渉術



ランキング参加中です→人気blogランキングへ













関連記事
2010/11/25(Thu) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
首都圏弁護士会支部サミットin小田原における広報活動
弁護士の石井です。久しぶりすぎですね。

11月20日の首都圏弁護士会支部サミットin小田原が終わって、やっとこのブログに触れる時間ができました。



この弁護士会支部のイベントで、初めて広報活動なるものを体験したので、その備忘録。と、次回のサミット広報の方に参考になれば、という内容です。



今回のサミットのテーマは「支部の裁判員裁判」

かたい!



これを市民に広報せよ、というのが私に課せられたミッション。

こんなテーマにした時点で、市民は無視、広報の対象は司法業界人のみかと思ったら、ちゃんと市民にも広報するようにという指示でした。

と言っても、テーマがテーマなので、上の方々もやる気なく「20人くればいいんじゃない?」くらいの意気込み。



やるからには色々と検証してみようと思って、本業に支障がない範囲で、積極的に広報してみました。

市民がたくさん来てくれると、このイベントの影響力が大きくなりますからね。



当日は、一部のプログラムで立ち見が出るほどでしたので、一応、人は集まったと言えます。

ただし、広報の効果としては、最悪の結果は免れたけど、予想した最高の結果まではほど遠い、中の下くらいの効果だと感じました。





広報によって、人に来てもらうには

メリットを提示することが必要

このメリットの程度は、関係性によって変わる


というのが私の考えです。



人はメリットがないと動かない。では、どんなメリットがあれば動くのか、というと、それは相手とどういう関係かによって変わるのです。



例えば、全くの他人に動いてもらうには、大きなメリットを提示することが必要なのに対して、家族や友達だと「あの人が喜ぶなら」なんて理由で動いてくれることがあります。

深い関係だと、相手が喜ぶ、程度のメリットでも動いてくれるのです。



ということで、今回の広報活動のテーマは、メリットの提示と、関係性をつくることの2点



今回の広報で使えた手段は

・FMおだわらでの告知

・小田原市の自治会回覧板、掲示板→後援をもらったことで可能に。

・小田原市内一部の新聞への折り込みチラシ

・ブログ、ツイッターなどのウェブツール



ブログは、もともと「FMおだわら」で告知できるという話だったので、その受け皿として公式ブログを準備しました。

http://shibu3310.blog129.fc2.com/



ここで、このイベントにより、市民が得られるメリットって何だろう?と考えました。



支部の裁判員裁判ですからねぇ。裁判員候補者にはメリットを与えられるかもしれないですが、あまりに数が少ないですし、接触可能性も低い。

と考えていたところ、イベントの中で、弁護士による「裁判員裁判劇」をやることを発見。市民への広報はほぼ、この劇に絞っておこないました。

プログラムの中で、唯一、多くの市民に受けいれてもらえそうなものがこれでした。

メリットは、この劇の面白さ、劇で学べる知識、劇の題材となった事件における有罪か無罪かの結論。



人が一番動いてくれそうなメリットは、結論部分だろうと考えました。気になるストーリーのラストを知ることができるというのがメリット。

そうすると、ある程度、事前に事件内容を知らせて、結論部分だけを隠すような感じで宣伝していくのが有効ではないかと考えました。

そのための方法として、裁判員劇で裁かれる被告人の立場でブログを書くという手法を思いつきました。

http://101120.blog129.fc2.com/



さらに、サミットと市民との関係性をつくるツールとして、ツイッターを利用して、被告人をはじめ、何人かの登場人物にツイートさせていきました。

http://twitter.com/kanagawa1120



いろんな制約があったり、実力が及ばなかったりして、ツイッターの爆発力は発揮できなかったのですが、ある程度の効果が見込めたので、急遽、ツイッターの公式アカウントを作ったり、マスコットにツイートさせたりもしてみました。

http://twitter.com/summitoda

http://twitter.com/kinjiroooo

これはもっと早く始めるべきでした。これらを始めたことで、宣伝に協力してくれる地元の方が出てきました。



実は、ウェブを使った広報の中で、メリットと関係性の裏テーマとして考えていたのが「応援される」こと。



公式ブログを書いていた「イシイ」は当初、とてもダメな広報、徐々にまともなことを言う奴というスタンスでした。

被告人のブログでも、彼は、非常にダメな奴だけど、少しずつ成長していくというスタンスでした。

ダメな人が、だんだんできるようになっていく過程は応援したくなるだろうと考えての設定です。

この設定はサミット直前まで続いて、公式ブログで取り上げた裁判員役を演じる弁護士がダメな所から成長していく、嫌がりながら衣装を着るかもというエントリーなども、そういう趣旨で書いたものです。



「応援される」という裏テーマがあったため、市民の方がツイートしてくれたり、ブログで紹介してくれたり、店舗にチラシを置いてくれる、そういう応援が一番うれしかったです。



ブログやツイッターのほかに、ウェブツールとしては、はてなブックマーク、fecebook、mixi、YouTube、Yahoo!知恵袋、ユーストリームなどを告知媒体として使ったほか、カナコロでの告知、地元情報サイトでの告知、弁護士会サイトでの告知などをおこないました。いま考えれば、これらの媒体は告知で使うだけでなく、関係性をつくるという視点で使ってみたら良かったです。





ここからは課題。



ウェブ上では、結構コンテンツを作ったりしたのですが、なかなかアクセス数は伸びず、ラジオで告知したりチラシを折り込んだ際にも反応はイマイチでした。

それぞれの媒体を見て来場してくれた人はそれなりにいるのですが、各媒体をうまくつなげなかった点が悔やまれます。



たぶん、チラシやポスターを製作するタイミングで、この点に気づいていたら、もっと多くの人にメリットを伝えられたと思います。



この点を解決できれば、次のサミットでは小田原サミット以上の市民が動いてくれると思います。





また、今回のサミットで、事前のメディア掲載は

地域雑誌のほか

当日20日のタウンニュース

14日神奈川新聞

19日毎日新聞

20日朝日新聞

毎日新聞と朝日新聞は地方版ですが大きく取り上げられました。



また、事後的にはNHKでも報道されました。

記者会見は(真面目なことを話せる弁護士が)2回行いました。



これらの報道がされたのは、間違いなく支部の裁判員裁判に関する独自アンケートがあったから。

記者の方の注目は、「日本で初めて」「独自のアンケート調査結果」に100パーセント向いていました。

劇だけだったら、全く報道されなかったでしょう。



市民の反応ポイントとメディアの反応ポイントは全く違います



という点に気をつければ、次のサミットも大丈夫だと思います。



次回の広報担当の方、がんばってくださいね。







ランキング参加中です→人気blogランキングへ






関連記事
2010/11/22(Mon) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
貸金業者からの提案に注意

最近、過払い金の相談が増えています。



武富士が会社更生手続をとったから増えたということもあるのですが、問題は、相談者が来るルート。



一部の消費者金融では、見かけ上の借金がある一方で、グレーゾーン金利の再計算をすると過払い状態になっているお客さんに対して、

「いまある借金はなくすから、それで解決しない?」

という提案を持ちかけているそう。



要は、「過払い金請求しないなら、これで終わりにするよ」という提案。



どうしてこんな提案がされるのでしょうか。



新聞報道がされたり、一部の法律事務所や司法書士が過剰に宣伝したからか、過払い金という言葉は、かなりの割合の多重債務者に知られています。

業者からの提案を受けた利用者は、

「そんな提案が来るってことは、実は過払いなんですよね?」と切り返す。



業者は、正直に「そうです」というケースもあれば、「それは何とも言えません」と濁すケースもあります。



いずれにせよ、過払い金は返してもらえないらしい。

お互いにもう請求しない、という内容の和解。

これを俗にゼロ和解と言います。



ということで、弁護士に相談に来るという話。



消費者金融がこのような方法を取っているということは、おそらく、提案を受けた多重債務者の多くがゼロ和解に応じているのではないでしょうか。



過払いの話を知らないでゼロ和解に応じている人もいるのでしょう。



この構造・・・



とりあえずたくさんの債務者に提案しておけば、何人かは応じてくれる、そうすれば一部の債務者は弁護士の所に行って、徹底的に請求されるとしても利益がでる、と考えているように見えます。



この構造って、

とりあえず何人もに請求しておけば、何件か引っかかるんじゃない?

という架空請求のそれに似ています。



あー、やるせない。

納得したうえで応じているなら良いのですが、「無知に乗じて」だとしたら気が滅入ります。


なお、このような提案を受けてゼロ和解をしたとしても後に争える可能性は十分にあります。







ランキング参加中です→人気blogランキングへ







関連記事
2010/11/14(Sun) | 過払い | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
予告編:劇「ワーキングプア強盗致傷事件」
弁護士の石井です。

以前にもお伝えしましたが、うちの弁護士会支部でイベントがあります。

私は、一応、広報という立場なのでブログやツイッターでほどほどに宣伝しています。
首都圏弁護士会支部サミットin小田原ブログ

サミットの中では、弁護士が
劇「ワーキングプア強盗致傷事件」
を演じます。

私は全く劇に絡んでいませんが、予告編だけ作ってみました。

うちの事務所から1名裁判員役で出演する予定ですので、お近くの方はどうぞ。





この予告編の元ネタは、
映画『それでもボクはやってない』の予告動画。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
東宝 2007-08-10
売り上げランキング : 14900

おすすめ平均 star
starこれは恐ろしいお話だということです。
star明日はわが身。
star裁判員裁判になってどうなるのだろう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ランキング参加中です→人気blogランキングへ







関連記事
2010/11/08(Mon) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
敗因分析
厚木市が募集していたマスコットキャラクターは、現在、市民による投票を受け付けています。



http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/kankou/citysales/character/d015659.html



何ヶ月か前に




101106




こんな発言をしていた方は、残念ながら最終選考にも残れなかったようで。



恐竜にまで敗れてしまったようで。

厚木サウルス




さらに、事務所では、ニヤニヤしたスタッフから「先生の描いたやつ、どれですか~?それに投票しようと思って~」

などと質問される、ちょっとしたイジメに遭ったりしているようです。



投票数851点のうち、最終選考に残ったのは8点。

司法試験より低い合格率とはいえ、石井家では、知り合いだけで上位を独占するものと見込んでいたので、残念な結果です。





「負けた悔しさと怒りで、表彰式でもらった花束を投げつけました」

「お前らがこだまさんを一番やって思うんやったら、それでええ。これから、俺が本当の一番であることを証明したるわ!」

『自己プロデュース力』島田紳助 より

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)
自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)







勝負事において結果が出なかったとき。



まず、敗因を分析します。



しかし、今回は、どれだけ分析しても、ハッキリした敗因がわからない。

ということは、勝敗のポイントを把握できないということです。

これじゃ勝ちようがない。



どうやら、私には、この分野で闘う才能が不足しているようです(もしくは判断者が才能を理解していなかったのだ、という負け犬の遠吠え的結論か)。



良かった、漫画家にならなくて。




ランキング参加中です→人気blogランキングへ








関連記事
2010/11/06(Sat) | 厚木の話 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
GLAYなりすまし詐欺

弁護士石井です。



先週、「GLAYのボーカルになりすまして、1人のファンから1600万円以上を騙し取る」という事件について報道されていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101027-00000039-mai-soci



記事によると、容疑者は、「離婚するが慰謝料が必要」「迎えに行く」などと言って何度も現金を振り込ませたそう。



詐欺事件には、被害者に欲が絡むものと、そうでないものがあります。



この「欲」の多くは、金銭欲。儲かるから、というのが典型的なもの。

その中には、性質上、他人に相談できない類の手口があります。「自分だけが儲かる」ためには、その情報を他人に教えられない、というケース。



このようなケースだと、発覚が遅れて、被害金額が拡大する傾向があります。





今回の事件は、金銭欲ではありませんが、GLAYのメンバーが自分だけを迎えに来てくれるかも、というファンの夢を突いてきています。

これは、まさに「自分だけ」がGLAYと付き合えるのであり、性質上、他人に相談できない、というケースです。



≪「うまい儲け話」にひとが簡単に引っかかるのは、「特別な自分には特別な出来事が起きて当たり前」と、こころのどこかで思っているからだ。だから、他人が騙された話しは鼻で笑っても、自分に同じ「幸運」がやってくるとあっさりと信じてしまう。≫

『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』より

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法






頼れるのは自分だけ。

他人の話は自分の話だと思い、自分の話は他人の話だという視点で見るしかない。





ランキング参加中です→人気blogランキングへ








関連記事
2010/11/03(Wed) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る