利息制限法1条1項の「元本」→貸付極度額とした裁判例

消費者法ニュース79号より

名古屋地方裁判所平成20年9月3日判決



利息制限法1条1項の「元本」→貸付極度額とした裁判例。



過払い金の裁判で、利息制限法の元本充当についての計算方法についての判断したものです。







利息制限法では、元本が100万円以上なら年15%、10万円以上100万円未満なら年18%が上限と定められています。



ここでいうところの「元本」とは何かについて、貸金業者側から争われることがあります。



業者側の約定利率で計算した際に元本が100万円以上となっていても、利息制限法計算により元本が100万円を下回っている場合、借主側は15%を主張し、業者側は18%を主張するといった争いがあります。



当事務所では、当然、借主側に有利な計算をおこなっています。しかし、貸金業者には、当然業者側の計算方法が採用されるものと主張してくるところもあります。また、簡易裁判所の裁判官には業者側の計算方法じゃないのか?と何の疑問も持たずに言っている方がいます。他の事件を傍聴していると、過払いの裁判などで、そういう話をしている場面に何度か遭遇しました。

気を付けましょう。



年3%の差なんて大した問題じゃない、などと思った方は、危険です。

住宅ローンの利息って何%でしたっけ?





人気blogランキングへ


関連記事
2009/06/29(Mon) | 過払い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私信

私信。

最近、色々あり、4名の人に、この言葉を伝えたい。

そのうち1名は私。





「出来事自体ではなく、それに対する私たちの解釈が感情的な反応を引きおこす。」



『7日間で人生を変えよう』より

7日間で人生を変えよう(CD付き)
7日間で人生を変えよう(CD付き)





「自分の感情や思考は人生のコントロールを奪うほどパワフル」



『ユダヤ人大富豪の教え』より

ユダヤ人大富豪の教え
ユダヤ人大富豪の教え




人気blogランキングへ


関連記事
2009/06/25(Thu) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
人に働いてもらうということ
本日、事務所のスタッフが1名退職しました。



事務所を立ち上げて2ヶ月、初めて他人を雇用した時期から手伝ってくれたスタッフでした。



他人を雇用する前には全く考えていませんでしたが、雇用してみて初めて責任というものを実感したものです。





人に働いてもらうということ。



単に賃金と労務の提供ということだけでなく、お互いに得られるものがあると良いと考えるようになりました。



その人の人生の中で、うちの事務所で働いたことがどう影響するのか。

何らかのスキルであったり、知識であったり、マインドであったり、言葉であったり、それ以外の見えないものでも良いので、その人の人生にプラスに作用してくれれば良いなと考えています。



今の不況下では、そんなきれい事を言っていられないのかもしれませんが、それでは何かもったいないと感じます。

私が、経営者としてはまだ未熟だからこそ、こんな事を言えるのかもしれません。



退職したスタッフの人生が、より良い方向に進むことを願っています。





人気blogランキングへ



関連記事
2009/06/22(Mon) | 事務所について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プレミアム商品券
各地で売り出されているみたいですね。

プレミアム付き商品券。

地域で使える商品券で、何パーセントかお得なもの。



厚木でも先週販売されましたが、すぐに完売だったようで、第二弾を検討するとのニュースが流れてきました。



http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjun0906414/



厚木では10%のプレミアム。

1万円を出すと1万1000円分の商品券が買えるというもの。

どこで使えるのかと見てみたら、お店以外でも、他士業の方の名前もチラホラ。



がらがらだったら、買おうかと思って、発売日に様子を見に行ったところ、大行列だったのであきらめました。

まさか1400人も並んでいたとは。



プレミアムを得るためにかける時間+何枚もの商品券を管理するコスト



これだけニュースになると、次もプレミアムを上回るコストがかかっちゃうだろうな。



入手しにくい物が出てくると、必ずセットで出てくるものがあるので、皆さん気を付けて。




人気blogランキングへ


関連記事
2009/06/21(Sun) | 厚木の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
厚木高校卒業生の件
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjun0906411/



厚木高校卒業生の名簿が流れて、振り込め詐欺に使われているとか。

気をつけましょう →私の両親。



そういえば、昔、オレオレ詐欺が報道された際、本物の息子であること伝える暗号を伝えたような気もしますが、

すっかり忘れました



電話しても、息子だと信じてもらえないかもしれません。





人気blogランキングへ


関連記事
2009/06/20(Sat) | news | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
すごいDM

弁護士という仕事をしていると、お金を持っていると勘違いされるのか

投資をしないかという勧誘電話やDMがよく来ます。





私は、今のステージでそんな事を考えてはいないため、電話は数秒で切り、DMも開くことはないのですが、今回届いた郵便物はつい開いてしまいました。



090616-1












手書きだし、なんか分厚い。



思わず開封しなければと思わせられる質感。



開けてみると、大きい手書きの字の文書が。




090616-2











拝啓



こんなでかい拝啓は初めて見ましたよ。



これを開いていくと・・・



何枚も紙を貼った、長い勧誘文書が出てきました。



090616-3











果たし状ですか!?





封を開けてもらうという意図は成功しているのでしょうが、方向性が間違っている気がします。



この人、すごいとは思うけど、会いたいという気持ちは全くわかない





人気blogランキングへ



関連記事
2009/06/16(Tue) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
部屋を間違えたのかと思った件
支部の弁護士さんが破産申立をした事件で、私が破産管財人に選ばれている事件があります。



先日、その債権者集会が開かれたのですが、申立人の弁護士と一緒に部屋に入ってきた人物に見覚えがありました。

その人は、3月まで支部の刑事事件で相手方だった検察官でした。



「おいおい、検事、部屋間違えちゃってるよ。ここ、刑事の法廷じゃなくて、破産事件の集会場だよ」



などと、心の中でツッコミを入れていたら



検察官を辞めて、支部の法律事務所に就職する予定だとの事で、一緒に出席してきたのでした。



検察官から支部内の法律事務所へのコースは珍しいです。

驚きました。



これから法律事務所は、どんどん多様化することでしょう。

10年後、この業界は、どのように変化しているのか、楽しみです。





人気blogランキングへ

関連記事
2009/06/14(Sun) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
裁判員裁判用の法廷

とある刑事事件の公判前整理手続期日がありました。



小田原の裁判所でしたが、裁判員裁判用の法廷でおこなわれました。

最近、小田原での刑事法廷がなかったので、改装された裁判員裁判用の法廷に初めて入りました。



裁判員席が前にズラッと並んでおり、各席、証言席にもディスプレイが設置。弁護人席、検察官席とも後ろに大き目のディスプレイが設置されていました。





弁護側も、パワーポイントを使っての冒頭陳述・弁論をすることが前提の設備ですね。



検察庁では結構前からパワーポイントの研修等がおこなわれていました。

弁護士会でも、去年になって基礎編の研修がありましたが、私は出席していませんでした。



町の弁護士という仕事ですと、プレゼンをする機会は、ほとんどないです。



そんな事情で、パワーポイントのメリットすら、いまいち認識していない状態です。



私の事件は、裁判員裁判が始まる前に起訴された事件ですので、裁判員はいませんが、今後のためにも、パワーポイントに切り替えてやってみる予定です。



昨日の日経朝刊に、裁判員裁判を担当する弁護士が、「パワーポイントで写真やCGを使ってわかりやすい弁護をしたい」という趣旨のコメントを載せていました。



CG!?



なに、今の弁護士って、そんなレベルなんですか?

高いハードルです。



私なんて、いまさら、パワーポイントの使い方という類の本を買っている訳ですが何か。





人気blogランキングへ

関連記事
2009/06/12(Fri) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小田原拘置支所

ひどいスケジュールを組んでしまいました。



午前中と夕方に小田原の裁判所で予定があるというスケジュール。



事務所-小田原の裁判所間は、特急を使って45分。



こういうスケジュールのときは、一度事務所に帰って、本厚木-小田原2往復ということもあるのですが、何件か刑事事件を担当しているので、複数の接見をこなして、さらにモバイルで書面作成をしていたら、空き時間はなくなりました。



神奈川県西部の刑事事件で、勾留されている事件では、起訴後に、警察署から小田原の拘置支所に移動させられます。

裁判が近い刑事事件を何件か担当していると、拘置所で何人も連続して接見することもあります。



今日は、被疑者国選から担当した方と接見してきました。

そういえば、昨年からの長い付き合いになります。

もう何回接見していることか・・・



活動時間に占める刑事事件の活動時間の割合が高くなっています。



事務所に戻ったら、来週も被疑者国選担当だという連絡が来ていました。

その翌週は当番弁護。



刑事月間になりそうです。





人気blogランキングへ

関連記事
2009/06/08(Mon) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マスクがない


つい、この前までの騒ぎは何だったのか、簡単にマスクを入手できました。



まだ少し花粉が残っている私は、これで心おきなく外出できます。



マスクを製造している会社は大丈夫でしょうか。在庫が・・・



メディアに踊らされるのではなく、情報の裏付けをとって、ぶれない行動をしたいものです。





人気blogランキングへ

関連記事
2009/06/07(Sun) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何の自慢にもならない数値の上昇

何の自慢にもならない数値が上昇しています。



現在の手持ち刑事事件数が6件。私にしては多い状態です。

被疑者国選の拡大の影響などが原因でして、この状態に陥りました。





刑事事件には、事実を認めている自白事件と、争っている否認事件があります。

全部又は一部を争っている事件を否認事件と定義すると、



現在の私の手持ち刑事事件数のうち否認事件数の割合は4/6



否認率:66パーセント



上昇トレンドに乗り、過去最高割合となりました。





否認事件で難しい案件だから相模川へ、という事でこうなったのではなく、ほとんどが当番とか被疑者国選がらみで受けたものでして、偶然だったり、順番だったり、義務的だったり、義務的だったり、義務的だったり





そういう理由で、緊急の相談希望等をいただいているのですが、残念ながら、ほぼ対応できない状況です。

ほとんど事務所におらず、お問い合わせにも、電車の中でメールしたり、移動中に携帯で連絡とったりしている状況なのです。



連絡が付きにくいとか、予約が入らないとかいうご意見もあるでしょうが、そういう状況に陥った原因の一端は、一部の捜査機関の対応にありますので、文句は国に(責任転嫁)。





そういえば、明日は、もう当番弁護士の待機日です。





人気blogランキングへ


関連記事
2009/06/02(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る