備忘録


備忘録。

2008年の自分。



3つの行動を習慣化することに成功しました。



1.週2~3日、1日30分の有酸素運動。



これにより、体重が、数字上は高校時代と同じ数値に戻りました。

余計な脂肪がとれないという問題は残っているけど、まあ成功。





2.早起き



ほとんどが4~5時台起床。時間を有効活用することに成功。





3.読書



仕事関係・雑誌・小説以外で、346冊。

あと少しで、1日1冊だったが、目標数値は達成。

今年は質より量での目標だったため、これで良し。







これらの行動により、明確な長期目標ができました。

次に目指したい方向が見え、目標となる人物ができました。

1年間で良い方向にマインドも変わり、ある程度成長できたかな。



年初に立てた10個の目標のうち、7個はクリア(数時間前に1個)。2個は微妙。1個は失敗。



目標を立てるときは、数値化した方が良いと実感。

読書なら○○冊読む、のように。







他方で、少しずつ悪い習慣を排除することにも成功しました。



唯一、酒に弱くなったのがマイナスかもしれません。

強い友達と全く付き合えなくなった。

酔うということを目的とした場合には、費用対効果が優れているということになるから、必ずしもマイナスでないかな。





来年は色々あって、成長速度は落ちるだろうけど、がんばります!






人気blogランキングへ



関連記事
2008/12/31(Wed) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
年末年始休暇のお知らせ


事務所は、12/27~1/4までお休みです。



何とか今年1年を乗り切ることができました。

予測していた波とはちょっと違いましたが、無事に1年を過ごすことができました。



家族や事務所スタッフのおかげです。

本当にありがとうございます。



年末土壇場で事件が解決したお客さんもいれば、全く・・・のお客さんもいます。

まあ、無理に解決できるものでもないので仕方ない!



皆さん、よい気持ちで2009年を迎えられると良いですね!!





さて、私は、あと5日!

仕事以外で色々とやることがあるのでラストスパートです。







人気blogランキングへ



関連記事
2008/12/26(Fri) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
S・Y


あと少しで今年も終わりですね。



今日、2つのミスをしてしまいました。



スタッフに、登記印紙20枚買っておくようにお願いメールをしたつもりが

200枚」になっていたようです。

どれだけ登記簿謄本の申請するんだ。



年末で、色々と支払があったので、事務所の金庫に現金を入れて合計10万円くらいになっていたところ、

なぜか私が残金100万円とか書いてしまったようです。

100万円も現金保管している個人事務所って・・・どれだけ支払に追われているのだ。



ああ、数字に強い弁護士を目指していたのに、すっかりS・Y(数字・読めない)です。



リフレッシュしないといけませんね。




S・Yについては




ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)






人気blogランキングへ




関連記事
2008/12/22(Mon) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
法律事務所でも内定取消


先日、県西支部では臨時支部総会兼忘年会がおこなわれました。



そういえば、今年は忙しくて、忘年会と名の付くものに出たのは、これが初めてです。



帰りの雑談のなかで、他の弁護士から聞いた話では、東京の大手法律事務所では、新人弁護士の内定取消がおこなわれているそうです。

やたらとマスコミが報道している内定取消問題が、法律事務所にも当てはまるとは。



考えてみれば、世界同時株安などの問題で、マネーの流れが来なければ、M&Aなどの数自体も減るでしょうし、海外とのやりとりも減るでしょうから、その結果、法律問題への対応ニーズも減るということなんでしょうか。



日本を代表する自動車会社ですら赤字転落見通しとの報道がされていることからすれば、法律家が経済の流れを読んで新人弁護士の採用数を決めるなんてできないんでしょうね。

ただ、事務所経営者として、多くの事態を想定して、いくつかのリスクヘッジをしておかなければいけない、と改めて認識させられた話でした。







人気blogランキングへ



関連記事
2008/12/20(Sat) | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宅下げでも間違えられる件


警察などに勾留されている被疑者や被告人から書類等を受け取る際、宅下げという手続をとります。



この場合、被疑者などから、誰に対して渡すのか、という宛名が書いてある書面が作成されて、受け取る人が署名押印をします。



とある事件で、10回近く接見している被疑者から宅下げをしたのですが、宛名が・・・



「石琢磨」弁護士宛に。



警察の管理係の人も「石川先生!宅下げできました!」などと言ってますし。



宛名が間違っている場合、訂正が必要でして、今回も、わざわざ被疑者が指印して訂正していました。







それにしても、独立して以降、ここまで「石川」に間違えられる理由は一体・・・?



せっかくなので、「石川に間違えられる件」というカテゴリを作ってみました。

改姓が必要になったときには、証拠として出します。






人気blogランキングへ




関連記事
2008/12/17(Wed) | 「石川」に間違えられる件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
傍聴


支部でおこなわれる、とある刑事事件の法廷を傍聴する機会がありました。



若者が何人か傍聴に来ていました。

最近になって、傍聴する人が増えているような印象を受けます。

数年前は誰もいなかったような比較的軽微な事件でも傍聴者がいることもあります。

支部にも傍聴に来るということは、刑事裁判に関心を持つ人が増えてきているのかもしれませんね。



裁判員裁判の影響なのでしょうか。

国が、多額の宣伝費をかけているだけのことはありますね。







人気blogランキングへ





関連記事
2008/12/16(Tue) | 刑事事件 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第三者の目


弁護士、特に事実に争いがある訴訟事件を扱う弁護士には、第三者的な目が必要だと考えています。



裁判を起こす目的が請求どおりの判決をもらうことなのであれば、判決を書く裁判官の目で事件を見る必要があります。



そういうレンズを通して事件を見てみると、どのような事実があれば請求が認められそうなのか、どのような点がリスクなのかを判断することができます。

もちろん、裁判官によって判断がわかれそうな部分はグレーだと評価して行動に移らざるを得ないこともあります。

当事者が、リスクを踏まえたうえでの行動なら良いだろうとは思います。



ただ、明らかにそうではなくて、かつ、この第三者的な目が欠けているなあ、と感じる訴訟活動に出会うことはよくあります。

この裁判を起こすこと自体どうなの?というような事案や、尋問でも何のリスクフォローもないような事案。



自分がそうならないように気を付けなければ、と注意をしています。



他方で、裁判を起こす目的が判決でないなら、全く違う発想になるんですけどね。







人気blogランキングへ



関連記事
2008/12/14(Sun) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
準備書面を陳述


民事裁判では、準備書面などの書面を出すことで、法的な主張をしていきます。



実際の法廷では、事前に出した準備書面に書いてあることを主張したことにします。

これを準備書面を陳述した、と表現します。



つまり、本当なら、準備書面に書いてある内容を、法廷で主張すべきなのです。しかし、このような事をやっていると裁判が長引いてしまいます。たくさんの事件が扱えなくなってしまいます。そこで、「原告、準備書面2を陳述、被告から準備書面3を陳述」などの一言で、主張したことになる、というのが現在の実務です。



民事裁判を傍聴しても、このような書面のやりとりがあり数分で一つの事件が終わることがほとんどです。

傍聴するなら、刑事事件の方が良いと言われる一つの理由ですね。



ところが



この前の裁判で、弁論準備期日ではありましたが、裁判官が、準備書面を1字1字読み上げ始めました。

10数ページあったので、さすがに途中からは見出しだけ読むという方法に切り替えましたが、あれは一体!?

期日の10日前に提出した準備書面ですが・・・?

私も、相手方代理人も固まっていました。

久しぶりに衝撃を受け、昔はこうだったのかなぁ、などとタイムスリップした気分になりました。



これがスローライフか。





人気blogランキングへ


関連記事
2008/12/05(Fri) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
海老名相談センター


海老名にある法律相談センターの一般相談を担当してきました。



私は、小田原や海老名での相談を担当することがあります。

1枠45分で4人の相談を担当します。



ここ1,2年は、4枠が埋まることが少なく、当日に行ってみると、場合によっては半分しか埋まっていなかったり、ひどいときには4人中1人しか来ないということもありました。

神奈川だけではなく、他地域でも、全体的に相談センターの相談件数が減るということが起きているようです。



そういう事情から、センターの担当をするときには、空き時間があっても良いように、仕事など時間を有効活用できるものを持ち込んでいました。



ところが、今回は、久しぶりに4枠とも埋まっていました。

充実感があります。



アレの効果か偶然か。



人気blogランキングへ



関連記事
2008/12/04(Thu) | 弁護士日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第一次公式キャラ


愛知県弁護士会には、イメージキャラクターがいるようです。



同サイトによれば、クリアファイルなどの広報用グッズなどもあるとの事。





うちのイラストレーターに、この話をしたところ、事務所のイメージキャラクターをデザインしてくれました。



poteto





何とも言えない脱力感



保存されたファイル名を見ると「ポテト」となっていました。



このキャラの、どこらへんがどう「ジャガイモ」なのか、私には理解できません。

左脳人間の私には、とてもデザインはできない代物です。



せっかくなので、グッズでも作ろうかと思いましたが、資源の無駄使いだと批判されそうなので断念しました。



名刺に載せようかとも少しだけ思いましたが、私の名刺に載せるのはアレなんで、スタッフの名刺に載せてみました。



あまり機会はありませんが、スタッフが打ち合わせに入った場合、この名刺をもらうことになります。



既に何人かのお客さんが、ポテト入りの名刺を受け取っていますが、リアクションなし



現在、ポテトの有効なポジションを探っているところです。




人気blogランキングへ





関連記事
2008/12/02(Tue) | 事務所について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る