偏差値35から弁護士に受かる記憶術
偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)



弁護士石井琢磨です。

『偏差値35から公認会計士に受かる記憶術』

という本を読みました。

いやー、私が書いたのかと思いましたよ。
あ、違いました。
私は、公認会計士じゃなかった、弁護士でした。


『偏差値35から弁護士に受かる記憶術』

こんな企画書を作ったら、また怒られそうですね、はい。


偏差値35なんて大したことありません。

そこからでも難関試験と呼ばれる試験に合格できるわけです。
偏差値35でもがいている人は、希望を持ってください。

私が偏差値35をマークした高3の夏には、ショックというより、平均から外れすぎていて、
「これはなかなかマークできない記録だな」と我ながら感心したものです。
予想どおり、それを下回る偏差値は記録できませんでした。
偏差値35をマークした後は、「問題を読まなくても正解に辿り着ける本」みたいな本を読み始めて迷走してはいましたがね。


さて、本書の記憶術。

大きく3つの記憶術が紹介されています。

脳にインパクトを与える。
覚えたい情報をまとめる。
オウム返しで覚える。

やはり、みんな同じような結論にたどり着くようです。
試験勉強を長く続けると、気づくのです。

あ、この脳ってヤツは、忘れっぽいヤツなんだな、と。

だから、
衝撃的な印象づけをして覚えてもらったり、
関連づけてグループ化して、1個1個覚えるより効率化してあげたり、
なんどもなんども丁寧に接触させてあげたり
しないと、覚えてくれないんですよね。


あとは、この3つの基本的な方法を、色々と応用していけばいいのです。


たとえば、私の場合、

1 脳にインパクトを与える。→色で強調する。

私が司法試験受験時代に使っていた本は、カラフルにマーキングされています。
司法試験に合格するためには、法律上の問題について、実務上の裁判例の立場はどうだったか、その他の考え方はどうだったか、などの知識が必要になります。
これ、こんがらかっちゃうんですよ。
2つの考え方があったのは思い出せるけど、判例はどっちだっけ?と。
もうこれは、脳の中でも、文字だけ読んでるとさぼりがちな、右脳サマに働いてもらうしかない。
そう考えた私は、本の中で、「判例」と書かれているところに全て緑色を塗りました。
緑は目にいいって言いますしね。

試験会場で、あ、この考え方が緑だったな、と思い出せることが少しは増えるわけです。
緑で塗る時間以上の効果は確実にありました。

このテクは、
脳にインパクトを与える。
の1つの使い方なわけです。


2 覚えたい情報をまとめる。→条文にまとめる。


覚えることがたくさんあると、絶対に漏れがでますよね、仕方ないですよ、脳は完璧じゃないから。

私が受けていた司法試験では、論文試験という最難関の試験で、試験用の六法を見ることができました。
この試験に限っていえば、条文は覚えなくていいんです、見ることができるから。
これを知った私は、脳が漏らしてしまう確率を減らすために、論文試験に必要な情報を、条文に関連づけて覚えました。

第192条  取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。

という条文を見たときに、
「平穏に」「公然」「占有」「善意」「過失がない」などの部分を見たら、「あの問題点があった」と思い出せるようにしておくのです。

記憶する段階で、条文とセットで覚えるようにするのです。

そうすると、試験会場で条文を見たときに、脳が記憶を発動してくれやすい。

このテクは、
覚えたい情報をまとめる。
の使い方なわけです。


3 オウム返しで覚える。

これは応用も何もないですね。実践ですね。

なんとかの忘却曲線ってあるように、脳は忘れるものですから、しかたない。
文句いっても、限界がありますから、与えられた制約の中で頑張るしかない。

忘れることを前提に、いちばん効率いい方法を考えるのです。

脳が忘れてしまうギリギリのタイミングで、思い出させるのです。

これがどれくらいのタイミングかは、人によって、情報によって違います。

インパクトあった情報は忘れにくいし、理解してないことは2秒で忘れます。

だとすれば、自分の脳の能力を検証するしかないです。
PDCAですよ。ビジネス書ふうに言うと。

どうせ何回も読んで覚えなきゃいけない情報は、繰り返すタイミングが、どのくらいだったら、どういう効果があったか記録して、将来予測をするのです。
あ、自分の脳は、この情報は21日で忘れるな、じゃあ、20日と23時間59分後に復習しよう、というようにね。
このスケジューリングができるかどうかが勝負の分かれ目です。

というわけで
脳にインパクトを与える。
覚えたい情報をまとめる。
オウム返しで覚える。
という3つの基本的な記憶術。

自分で応用すれば、試験だけじゃなくて、いろいろと使えそうでしょ?

ぜひ試してみてくださいね。


偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)
偏差値35から公認会計士に受かる記憶術 (講談社プラスアルファ新書)碓井 孝介

講談社 2012-08-21
売り上げランキング : 101761


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2012/09/28(Fri) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
弁護士から見ても菊間千乃さんの司法試験受験法がすごかった件
弁護士石井琢磨です。

広告につられて、話題になりそうな『私が弁護士になるまで』を読みました。

私が弁護士になるまで
私が弁護士になるまで菊間 千乃

文藝春秋 2012-01-13
売り上げランキング : 281


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





元フジテレビアナウンサー菊間千乃さんが、タイトルどおり「弁護士になるまで」の軌跡を描いた一冊です。


なかなかすごい話でした。

アナウンサーを辞めて、法科大学院に入り司法試験を目指すこと自体、すごい話です。
フジテレビのアナウンサーという仕事をしていてさえ、将来がどうなっているか見えず不安、自分の成長にも疑問を感じていたそう。
そこから一歩を踏み出す勇気、これまた不安を抱えながらの勇気は素晴らしい。
一歩を踏み出せないでいる人にはぜひ読んでもらいたい。

また、メディアなどで取り上げられがちな、仕事と両立しての勉強。これもすごい話です。
勉強開始当初は、アナウンサーの仕事と両立していたため、睡眠時間3時間で勉強を続けていたそうです。
睡眠時間3時間というのがインパクトある数字だからメディアでも取り上げられがちですが、個人的には、絶対にマネしてはいけないと思っています。
睡眠を削っての勉強は、経験上、非効率です。

菊間さんも、その後は、移動時間を減らし、睡眠時間6時間をきっちりとる生活に変更されています。
私も司法試験受験時は、6時間睡眠を確保していました。
3時間は、まあ、意気込みのすごさ、としてだけ受け取っておくべきものでしょう。



これらの点もすごいと感じましたが、もっともすごいと感じた点は、

受験時の過ごし方。

数日間つづく司法試験受験の際に、菊間さんはホテルに泊まったそう。


これは分かります。

私も、3日以上続く論文試験、口述試験は会場近くにホテルを取りました。

移動時間がもったいない、移動でエネルギーを使うのはもったいない、交通機関停止のリスク回避がその理由でした。



しかし、菊間さんのすごい所はここから。

事前におこなわれた模試の段階で、同じホテルに試しに泊まっている


そこで、ホテルの机やスタンドが勉強に不適切であると知るや、


本番の際には、

折りたたみ式の机と電気スタンドをホテルに持ち込んだ



そうです。

電気スタンドはともかく、

机!?


机って、ホテルに持ち込んで良いものだったんですか。


たしかに、ビジネスホテルの机は狭い。
数冊の本を広げたり、六法を広げたりして勉強するには適していない。

でも、だからって、机を持ち込む人がいるとは。


この時点で、菊間さんの大胆さに圧倒されていましたが、



さらにホテルでの記述が続きます。


一週間の滞在に付き、段ボールを九箱持って行った
教科書は全部、この一年間自分が書いた答案、予備校の教材、ロースクールのレジュメなどなど。ホテルに入ってから、急に、あれなんだっけ?と思ったときに、手元に資料がないのは不安だし、そんなことでイライラするくらいなら、全部持ってっちゃえと・・・。







引っ越し!?




段ボール9箱って、私が一人暮らししていたときの荷物量より多いです。


ホテルにこれだけの荷物を持ってっちゃえ、と思いつけるところがすごいです。

それだけ数日間つづく受験時の環境調整に力を入れていたということですね。

これがあっさりできるというのは、マスメディアの現場で働いていた経験も無関係ではないでしょう。


私たちの常識から考えられない行動ができる経験が、司法業界に新しい発想をもたらしてくれると、楽しくなりそうです。


あとは、本書を読んで、司法試験受験生が、今後ホテルに大量に荷物を持ち込むことが急増し、ホテル界から規制されないことを願っています。




2012/03/02(Fri) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本:1日3時間で難関試験に受かった方法
弁護士石井琢磨、365日勉強中です。

1日3時間の勉強で税理士試験に合格した原税理士の勉強本を読みました。

7人家族の主婦で1日3時間しか使えなかった私が知識ゼロから難関資格に合格した方法
7人家族の主婦で1日3時間しか使えなかった私が知識ゼロから難関資格に合格した方法





すごいと感じたのは
「資格取得までにかかるお金」を数字で把握する
という点。次の公式で示されます。


資格取得までにかかるお金=仕事の時給×合格までの平均勉強時間+実費


合格のためにかかるお金というと、普通は予備校の費用やテキスト、模試代を思い浮かべますが、この本では、「勉強時間もお金」、いや「勉強時間こそがお金」と主張しています。

受験勉強をしている時間、働いたらいくら稼げるの?
それを失っているんだよ、ということ。
さすが税理士。すべてを「円」に落とし込む。


私は、受験生時代にこの発想を持てませんでした。
司法試験など短期合格のために時間を効率的に使うことは考えていましたが、それをお金に換える、という発想はなかったですね。

勉強時間もお金、という発想は、試験勉強にも間違いなく有益です。


資格試験は早く合格した方が良いに決まっています。
合格後に、資格を活かせる時間が増えるわけですからね。

そのためには合格というゴールから逆算して、やるべきことを考える必要があります。
このときに、「時間もお金」という発想があると分かりやすいです。

浪費しやすいものは、いったん違う概念に置きかえて考えると、思わぬ発想にたどりつけるものです。


たとえば、この本では、「ノートは作らない」と主張されています。

同感。

有名な試験の場合、書籍、テキストが充実しています。
そこにまとめれば良い。
ゼロからノートを作るのは効率が悪い。
試験直前に一気に回せるよう情報は集約しておくべきなのです。
何より、私は字が汚いため、自分の書いたノートを読む気にならない。

本書の発想だと、これらに加えて

「ノートを作るのに何時間かかるのよ?その時間働いたら、いくら稼げると思う?」
ということになります。

ノート作りに100時間かかる、時給が1000円だとすると、1000×100時間=10万円。

ノート作りで記憶が定着するという点もありますが、これを度外視して単純化して考えると、

そのノートを10万円で買います?

ってことです。


なんとなく、本を読んで、活字を目で追っていた1時間。

いま、あなたは1000円分の実力を得たか?

得ていないなら、いまの1時間、あなたは損したことになるよ?



この発想を色々なところに持ち込みすぎると、間違いなく人間関係はギスギスするでしょう。

でも、自分の勉強を効果から考えるときには役立つ視点です。

勉強中の人は、この視点も取り入れてみてはいかがでしょう。



2012/02/16(Thu) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
集中力を取り戻す3つの方法
弁護士石井琢磨です。

あけましておめでとうございます。

年末年始は久しぶりに3日以上連続しての休息を取ることができ、リフレッシュできました。
休みボケと言われないよう、集中してスタートしたいと思います。

じつは、昨年12月は集中力が落ちていました。
いろいろな作業のパフォーマンスが落ちてしまっていました。
30分でできていたことに45分かかってしまう。

人間には好調・不調の波があります。1日という短期間で見ても、1年という長期間で見ても波があります。
悪い時期があるのは仕方ないとしても、最低限のパフォーマンスは維持したいもの。

年末にかけて集中力を戻せた方法が3つありますので、紹介しておきます。


1 他人の集中方法をマネする。

どんな集中力が必要かは、置かれた状況によります。
100m走のスタート時に求められる集中力と、3時間の試験を受ける時に求められる集中力は違います。
自分と似た状況にあって集中できている人の集中方法をマネすると良いでしょう。

私は12月に、深く深く考えるタイプの集中力が必要だったため、
将棋の羽生善治さんの本を参考にしたら、良い集中力を得られました。


「私が深く集中するときは、スキンダイビングで海に深く潜っていく感覚と似ている。一気に深い集中力には到達できない。潜るときにはゆっくりと、水圧に体を慣らしながら潜るように、集中力もだんだんと深めていかなければならない。そのステップを省略すると、深い集中の域に達することはできない。」


決断力 (角川oneテーマ21)
決断力 (角川oneテーマ21)





潜りながら考えていくと、深い思考ができました。


2 集中している人を見る。

私は他人の影響を受けやすいタイプです。
熱い人と過ごすと、自分も熱くなっている。
逆もしかり。
集中力も同じです。
集中している人を見ると自分も集中力が上がります。

集中力も伝染するのです。

見る人は、現実の人でなくても、効果があると感じています。

たとえば、映画やマンガであっても集中しているシーンを見ると、自分の集中力も上がってきます。
ただし、マンガに没頭してしまうのは本末転倒ですので、引き際は肝心です。


年末に先輩から勧められた『ちはやふる』というマンガを一気に読んでみました。

ちはやふる 1-11巻 コミックセット (Be・Loveコミックス)
ちはやふる 1-11巻 コミックセット (Be・Loveコミックス)





競技かるたを題材にしたマンガです。
競技かるたでは、読み手の音に対していかに速く反応して札を取るかを競うため、これでもか、というほど集中しているシーンが出てきます。

読んだ後、しばらくは集中力が上がっていました。

マンガでやる気の出るシーンを持ち歩いているという方もいましたので、集中しているシーンを持ち歩くのも効果的でしょう。




3 余計なものを目に入らないようにする。



余計なものが目に入ってしまうと集中力は下がります。

人は、目の前におせち料理を並べられたままでいると、ダラダラと食べ続けてしまうもの。
目の前に情報があると、取り込んでしまうもの。

年末に大掃除をした方は、机などから余計なものがなくなっていることでしょう。
まだの方はぜひ机を整理してみましょう。


では、みなさん、2012年も集中して!




2012/01/04(Wed) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1日2時間の勉強で司法試験に合格する方法?
弁護士石井琢磨です。

『45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本』

という本を読みました。

私は45歳前後でもないし、
会社人生でもありません。

なぜ読んだのかというと、目次を見たら、

1日2時間の勉強で司法試験に合格する方法


という項目があったからです。

法科大学院制度による新司法試験になってから合格率が上がったとはいえ
1日2時間?
で合格できるなら、すごいでしょう。

その効率的なノウハウを知るために読んでみたのです。


新司法試験に短期合格するためには

どうしたら最短距離で合格できるのかを考える
仕事の前の朝1時間、就寝前の1時間を利用
予備校を利用、情報収集
余分な勉強はやめる

などの方法が必要とのことです。


1日2時間以外にも電車での移動中や週末の勉強はあると思いますが、仕事をしながらの試験勉強では
結果を出すための効率的な勉強は欠かせません。

この本を読むと、試験制度の変更時期のため周囲の受験生が遅れを取ったという特殊事情もあったようですが、合格するための本質は同じです。

短期間で結果を出したい方は参考にしてみてください。



45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本―成功するキャリア30の秘訣
45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本―成功するキャリア30の秘訣

2011/11/01(Tue) | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ