だまされづまめ
「だまされづまめ」日本おさぎ話全集より



ほんのむかし、ある村に、おじいさんとおばあさん夫婦が暮らしていました。

以前、おばあさんが、おじいさんの可愛がっていたスズメの舌を切ってしまったため、二人の仲は険悪でした。

年末のある日、おばあさんは、いつものように川に洗濯に行きました。

すると、おばあさんは道ばたで若い男性から声をかけられました。

「年末の大掃除についてのアンケートに協力してもらえませんか?」

最近、人と会話をしていなかったおばあさんは、つい答えてしまいます。
話をしているうちに、いつの間にか男性の会社事務所に行って話を聞くことになりました。

「あなたのようなキレイ好きの女性には、こちらの最新掃除機がお勧めですよ」

「そ、そうかしら?」

そんな勧誘を受けて、おばあさんは、最新の「スズメ型掃除機ロボット」をクレジットで購入してしまいました。

数日後、家に届いた掃除機を箱から出すおばあさん。

それを見たおじいさんは、すかさず文句を言いました。

「お前、またなんか買ったのか?それ、必要なのか?」

「スズメ型だから、おじいさんが喜ぶかと思って・・・」

「もうスズメの事は思い出したくないんだよ。そんなもん買って、ワシは知らないからな」

スズメ型掃除機ロボットは、おじいさんに大不評。
いつしか使われなくなり、物置に置きっぱなしとなりました。


数ヵ月後、自宅にクレジット会社から督促状が届きました。

スズメ型掃除機ロボットの代金です。

おばあさんは、支払ができなくなっていたのです。


ところが、この督促状の宛名は、おじいさんになっていました。

「なんで、ワシの所に!?お前、ワシの名前を勝手に使ったんじゃないだろうな?」

「そんなことしませんよ。ちゃんと自分の名前書きましたよ」

おじいさんは怒ってローン会社に電話しました。

「おい、お前の会社は何でワシのところに請求してくるんだよ。間違ってるよな?」

「いえいえ、間違いではありませんよ。確かに契約書に名前を書いたのはおばあさんでした。
契約者はおばあさんです。
でも、おじいさん、あなたはおばあさんの夫ですよね?」

「だから何だ!?」

「おじいさま。掃除機は家で使うものですよね?ご夫婦の間では、日常的に使うものの支払は、二人でしないといけないことになっているのです。民法で決められているんですよ」

「バカな!?
 いや、そうだとしても、クーリングオフするぞ」

「おじいさま。残念ながら、もう期間が過ぎてしまっています。お支払を検討してください」

おじいさんは、仕方なく支払をしましたとさ。






何かを買ったときの代金の支払をしなければならないのは購入者です。

法律上、何かの責任を負うのは、行為をした当事者本人です。原則は。

これには、法律上、例外があります。

たとえば、小学生くらいの子供が人に損害を与えてしまった場合、監督しなければならない親などが責任を負います。

また、従業員が仕事で誰かに損害を与えてしまった場合、雇っている人も責任を負います。

これらは誰かに損害を与えてしまった場合の話ですが、そうではなく、事例のように物を購入したような場合にも責任を負うのが、夫婦間の日常の家事に関するもの。



裁判で争われるのは、何が「日常の家事」に入るのか、という点です。

これに入れば妻の行為に夫は責任をとらないといけない。
これに入らないなら、責任は負わない。

「日常の家事」に入るかどうか、非常に大事な点ですが、法律では明確な基準がありません。
最高裁の判例でも、いくつかの要素を参考にして決めるというもので、明確な基準はないのです。

夫婦の地位とか収入、目的、法律行為の性質など色々な要素を参考にして決めましょうという話。

こんな曖昧な基準であるため、裁判でも争われ、結論も分かれています。

たとえば、東京地裁平成10年12月2日判決では、49万円程度の教材を買ったことを「日常の家事」だとして、夫も責任を負うとしました。
これに対して、八女簡裁平成12年10月12日判決では、52万円程度の教材を買ったことは「日常の家事」じゃないとして、夫は責任を負わないとしました。

単純に金額だけでは決まらない話なのです。


このように曖昧な点があるということから、

自分は契約者じゃないから関係ないや~

とは言えない、ことがわかります。


読者の皆さんは賢いから騙されないかもしれないけど、あなたの妻や夫はどう?
そこまでフォローしておかないと、自分の身に降りかかってくるかもしれないのです。


年末年始、家族で過ごす機会が多いでしょうから、家族の騙されやすさをチェックしてみましょう。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ









2010/12/30(Thu) | 日本おさぎ話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
かぎや姫
「かぎや姫」日本おさぎ話全集より





むかし、あるところに、Gさんという中年男性が住んでいました。



Gさんは、町のエリートたちが「竹やぶから出ちゃだめだよ」「竹やぶの中にいると儲かるらしい」などと話しているのを聞きました。



Gさんは、自分が知らない何かが竹やぶの中にあるのだな、と思い、近所の竹やぶに入っていきました。

すると、そこに一冊の本が落ちていました。



パチンコ裏王国



唯一の趣味がパチンコ、であるGさんは、食いつきます。



その本を見ていくと、「100%勝てる!返金保証つき必勝法」という広告が載っていました。



「エリートの奴らが言っていた、儲かるって、このことだったのか」

そう思いこんだGさんは、さっそく業者に連絡しました。



株式会社かぎや、です



「あのー、パチンコ裏王国を見て電話してるんですけど」



ありがとうございます。攻略法のお申し込みですね



「返金保証って書いてあるんですけど、本当に?」



もちろん!勝てなかったら、全額返金しますから大丈夫ですよ。今なら通常価格より5万円安くなりますよ



安心したGさんは、待ちきれず、株式会社かぎやの事務所に行きました。

大通りに面した立派なビルでした。



担当してくれた女性は「Gさん、どのコースに申し込みます?」と聞いてきました。



「とりあえずはお試しコースで」



ほんなら、この攻略法ですね。表モノのバージョン1やね。お試し価格やから、10万円や



Gさんは受け取った攻略法を試してみましたが、全く効果はありませんでした。

そこで、かぎやの事務所に行って、「全然勝てないみたいなんで、返金してもらいたいんだけど」と言ってみると、



本当にこのマニュアル通りやったん?効果がないなんて人は、初めてやで



「え?いや、マニュアルどおりやってるはずだけど・・・」



そこまで言うなら、実践してもらおか。あっちに練習機があるから、やってみて



Gさんが、練習機でマニュアルどおり攻略法を実践していると



いやいや、Gさん。あきまへん。いまのタイミング、0.5秒遅いで。

この攻略法は、このタイミングがカギやで




「そんなにシビアなんですか」



当たり前や、100%勝てる方法はシビアや。練習して、もいっぺん試しておいで



Gさんは練習に練習を重ね、タイミングバッチリの技術をマスターしましたが、それでも勝てませんでした。



「やっぱり勝てません」



あかん。Gさんが、のんびり練習しているうちに、パチンコ業界が対策したらしいわ。あの攻略法はもう使えまへん。

 でも大丈夫。こっちの裏ものがあるで




Gさんは、追加で、裏もの攻略法を購入。



ええか、Gさん、この攻略法は、●●シリーズで、1秒以内に玉が●個入ったら、●回単発回しを3回。回数がカギやで



Gさんは、かなり高度なテクニックが必要な攻略法だったので、何度も試したのですが、うまくいきませんでした。



「まったく勝てませんよ」



練習が足りないんや



と練習機で特訓させられる日々。



Gさんが練習していると、同じような攻略法購入者が、なんども株式会社かぎやを訪問していることに気づきました。

その度に、担当女性は、「●●駅前の、●店で、入口入って左2列目、7番の席、10時25分から来るで。時間がカギやで」「このバージョン3では、ストップボタンのタイミングがカギやで。0.1秒でもずらな」「この攻略法は、県内では厳しくなってきたな。2つ隣の県の●って店なら、まだ使えるで。場所がカギやで」などと、購入者に対して、厳しい要求を繰り返していました。



そういえば、誰も勝ったという人がいません。



「あのー、やっぱり、俺は勝てそうにもないから、今までのお金を返金してほしいんですけど」



Gさん、あきらめたらそこで試合終了やで。いいんか?



「でも、周りの人の話を聞いていると、俺には無理そうです」



じゃあ、わかった、特別にこの攻略法をサービスするわ。ただし、これが使えるのは、駅北口の店で、毎月5日だけや。来月の5日にこれを使ってみ。これで勝てなかったら、しっかり返金させていただきますわ。いいか、日付がカギやで



Gさんは、翌月5日まで待って、新しい攻略法を試してみましたが、効果なし。



やっぱりダメだ、と思い、返金して欲しいという電話をかけたら、つながりません。

あわてて、株式会社かぎやの事務所に行くと、貼り紙がしてありました。



「当社は先月末で移転しました。移転先は、月 です。」



それ以降、彼らと連絡を取れた者はいない。









少なくとも雑誌に載っているようなパチンコ攻略法は、存在しないと言われています。

つまり、必ず勝てるという攻略法を売ること自体詐欺

少なくとも消費者契約法で契約は取り消せます。

しかし、法律で勝てても、相手がいなければどうしようもない。

明らかな詐欺会社ほど撤退は早い。時間稼ぎをして、消えます。

怪しいと思ったら、すぐに動くことが大事です。





消費者法ニュース84号に載っていた、秋田県で行われたパチンコ攻略法詐欺被害110番の結果によると

被害者はほぼ全てが男性

50代が半数

業者との接触のきっかけは、雑誌が1位。



だそうです。該当する方、その周りの方は気をつけて。





ランキング参加中です→人気blogランキングへ



ツイッターやっています。http://twitter.com/takuma141



2010/08/21(Sat) | 日本おさぎ話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うらやまし太郎
「うらやまし太郎」日本おさぎ話全集より

むかし、あるところに、うらやまし太郎という青年が住んでいました。



うらやまし太郎が、海辺を歩いていると、若い娘が、外国人に絡まれていました。



「HEY、Girl!」



やめて下さい



うらやまし太郎は、あんな若い娘に声をかけられる外国人はうらやましいなぁと思い、その場を通り過ぎようとしましたが、娘があまりに嫌がっているようなので勇気を出して助けてあげました。



ありがとうございます。ぜひお礼をさせて下さい。



「ええ!?いや、いいですよ。」



では、せめてお名前と住所だけでも教えて下さい。私は亀子と言います。



うらやまし太郎は、お礼をしてもらえば良かった、と少し後悔しながらも、名前と住所を教えて、家に帰りました。



後日、うらやまし太郎の自宅に、1通の手紙が届きました。亀子からです。



この前はありがとう。

 うらやましさんって格好良いですね。

 私、絵画展のイベントを運営している会社で働いているの。

 良かったら、絵を見に来て。この前のお礼に、案内するわ。亀子




うらやまし太郎は、彼女いない歴○年。町を歩くカップルを見てうらやましいなぁという気持ちになり、もう一度亀子に会ってみたいという思いに駆られ、イベントが行われているという「ホテル竜宮」に行きました。



うらやましさん、来てくれたんですね。



「亀子さん、僕は絵なんてわからないのですが」



いいの、行くわよ

と、うらやまし太郎の手を引っ張る亀子。



一通り絵を見た後、イベントスペース脇のテーブルでお茶をすることになりました。



うらやましさん、この中で一番気に入った作品はどれ?



「うーん、あの絵かなぁ(あんまり興味ないけど)」



さすが、うらやましさん、いいセンスしてるわ。タマ・テバコの第一期の作品を選ぶなんて。せっかく来て頂いたのだから,じっくり見ていって

と亀子は、タマ・テバコと呼ばれる画家の絵をうらやまし太郎の前に置きました。



ねえ、太郎くん、この絵を持ってみない?



「えー、いや、いらないかな」



この絵が家に飾ってあったらステキ

と亀子は言いだし、クレジットの支払回数や金額の内訳が書いてある冊子を差し出して,「月々1万円なら払えるでしょう。」と言ってきました。



「それは、まあ、こんな絵が飾ってある家はうらやましいと思うけど・・・60万円!?こんな高いもの、今すぐ購入するかどうかなんて決められないよ。」



絵は一生の財産なのよ。この絵は太郎くんのような人に是非持ってもらいたいの。



「いや、でも。買えないよ。帰るよ」



もうちょっとだけ聞いて。タマ・テバコの絵を持っている人は、人生うまく行くわよ



「いやー、もう帰るよ」



ちょっと待って。もう少しだけ話そう



うらやまし太郎がホテルに入ってから約1時間が経過したころ



亀子さん、どうしたの?」ときらびやかな格好をした女性が現れました。



乙姫さん、こちらのうらやまし太郎さん、私の恩人なんです。この絵を気に入って下さったので、恩返しのつもりで、この絵を何とかうらやましさんに持ってもらいたいと思って



うらやまし様、タマ・テバコ第一期とはお目が高い

と乙姫は更に勧誘を続けました。



うらやまし太郎は「その説明は聞いたからいいです。絵は買いませんから。」と断りました。



乙姫は「絵は数が少なくなってきたら高くなりますよ。今ここで購入するのが良いと思うわ」「今買わなかったら価格はどんどん上がる。」「飛び込みで買う客も多い。

等と言い続けました。



うらやまし太郎は精神的にも肉体的にも疲れてきて「購入するかどうか明日にでも返事するから、今日はもう帰りたい。」と言いました。



しかし、乙姫は「もうちょっとだけ話を聞いて。」「今日買わないと大変よ。明日になれば確実に値上がりするんですよ。」「明日になれば60万円が80万円になる。

男なら、今ここで決断すべきよ」と言い続けました。



「いや、でも絵はいいですよ・・・」



わかったわ。社長に価格の引き下げを頼んできてあげる。」と乙姫は言い出し、一旦その場を離れました。



良かったわね!太郎くん!」亀子も言いました。



戻ってきた乙姫は。

社長と掛け合ったら,60万円を48万円まで値引きしてくれるそうです。

と言いました。



「・・・わ、わかりました。買います」



こうして契約書にサインをして、タマ・テバコの絵を持ってホテル竜宮を出たうらやまし太郎。

長時間の勧誘を受けて、白髪が増えてしまいました。



うやらまし太郎を見送る亀子と乙姫。

そこに一人の男が現れました。

あ、社長!契約1件取りました



「kameko!Good Job!」









このお話のように、ホテルなどの展示会場で、消費者を帰さない状態にして商品を売る商法は、展示会商法と呼ばれます。



展示会商法の被害にあった場合、契約をクーリングオフできれば、代金を支払う必要がなくなります。





どのような理由でクーリングオフの主張ができるのでしょうか。



クーリングオフは、一定の契約でなければできません。

展示会商法でよく使われる手法は、「訪問販売」と同じだと主張することです。



訪問販売は、業者が自宅に訪問してくる販売形態をイメージしますが、実はもっと広いのです。

法律上は「営業所等」以外でおこなわれる販売も訪問販売にあてはまります。



ホテルなどの場所を使った売買の場合、通達では

・最低2,3日以上の期間にわたって

・商品を陳列し、消費者が自由に商品を選択できる状態のもとで

・展示場等販売のための固定的施設を備えている場所でおこなうもの

の3要件がそろっている場合、「営業所等」として、会社の営業所と同じ、つまり訪問販売にならないとしています。

これらの要件がクリアできない場合には、訪問販売と同視できるわけです。



この要件から、ホテルでの展示会が1日だけの場合には、「営業所等」でおこなわれた販売ではないので、訪問販売にあてはまります。クーリングオフが可能となります。



ホテルでの展示会が何日も続いていた場合には、「2,3日以上の期間」という要件を満たすため、他の要件を検討しなければなりません。



第2の要件の「消費者が自由に商品を選択できる状態」じゃないではないか、という主張をすることが一つの方法。

この要件は、厳しく考えるべきとされていて、 販売員が消費者を取り囲んだり、高額商品等の特定の商品についてのみ繰り返し勧誘するなどの場合には、自由に選択できる状態じゃないとされています。



さらに、上記3要件以外でも、キャッチセールスやアポイントメントセールスの場合は、「訪問販売」と同視されます。



キャッチセールスは、街中で呼び止めて展示会場に同行させること。

アポイントメントセールスは、販売会場であることを隠して会場に来るよう求めたり、「見るだけでいいから」と言って来させたりする場合のこと。



今回の件は、この点を主張していくことも一つの方法です。





このようなクーリングオフが主張できない場合や、クーリングオフ期間(書面を受領してから8日間)が過ぎてしまった場合には、「帰りたい」と言ったのに帰らせてもらえなかったことから、消費者契約法で契約を取り消すという方法もあります。



色々な主張が認められる可能性がありますので、おかしいと思った方は早めに相談を。







ランキング参加中です→人気blogランキングへ



ツイッターやっています。http://twitter.com/takuma141



2010/05/03(Mon) | 日本おさぎ話 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
かぶたろう
「かぶたろう」日本おさぎ話全集より





むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは、相模川にアユ釣りに行きました。



おじいさんが釣りをしていると、川上からどんぶらこどんぶらこと、大きなカブが流れてきました。

おじいさんは、カブを家に持ち帰り、おばあさんと食べることにしました。

おじいさんがカブを包丁でカブを切ろうとしたところ、カブは大きく2つに割れ、1人のスーツを着た若い男性が現れました。



おじいさんたちは、彼を「かぶたろう」と名付け、一緒に暮らすことにしました。





そんなある日、おじいさんの家に電話がかかってきました。



はじめまして。私、猿山と申します。私は、株式会社鬼ヶ島という会社の未公開株式を探して、色々な方に電話をしています。もし、お持ちでしたら、一株100万キビで売っていただけませんか?



「いや、なんですか、それ?私は持っていませんよ」



失礼しました。では、他を当たってみます





また別の電話。



はじめまして。私、犬川と申します。このあたりで、株式会社鬼ヶ島の株式を持っている方をご存知ではありませんか。どうしても手に入れたいのです。

もし、お持ちでしたら、一株150万キビで買うのですが




「私は持っていませんよ、だいたいどこで手に入るものなのですか?」



未公開株なので、上場している株とは違って一般には売られていないんですよ。では、他を当たってみます





さらに他の電話。



はじめまして。私、雉丘と申します。株式会社鬼ヶ島の株式をお持ちではありませんか?もし、お持ちでしたら、一株200万キビで売っていただけませんか?



「いや、私は持っていないですよ。いったい何でそんなに欲しいのですか?」



ここだけの話、株式会社鬼ヶ島の株は、いまは未公開株ですが、近々上場するという話がありましてね。上場したら、400万キビ以上の値段で売れるのは間違いないんですよ。

もし手に入れることがあったら、私まで連絡ください






おじいさんは、未公開株の話を立て続けに聞いて興奮しました。



「おばあさん、鬼ヶ島の株を持っている人を知らないか。高い値段で売れるらしいぞ」



残念ながら知らないですわ





話を聞いていた、かぶたろうが割り込みました。



おじいさん。株式会社鬼ヶ島の株なら、うちの会社を通じて手に入りますよ。拾ってくれた恩もありますから、一株50万キビくらいでなら入手できます



「50万キビ。さっきの彼らに売れば最低でも倍になる計算・・・」



おじいさん、鬼ヶ島は、上場するという話を聞いています。

 ここまで来て、上場されない会社はごくわずかです。

 上場されれば、最低でも購入価格の倍以上になりますよ。

 一年後に確実に当たる宝くじを買うようなものです




「よし、買おう。日本の年金制度はあてにならんと思って、老後の資金として貯めていたお金がある。それで10株買おう」



では、私が手続しに鬼ヶ島に行ってきます





その後、おじいさんの元には、500万キビと引き換えに購入した鬼ヶ島の未公開株10株が届いたので、売ろうとしましたが、誰からも買ってもらえませんでした

鬼ヶ島に連絡しても、上場する予定は全くないとのこと。

猿山、犬川、雉丘はもちろん、かぶたろうに電話をしても連絡はとれなくなってしまいました。



おじいさんの家に

今、未公開株詐欺事件が増えているんですよ。私たちはボランティアで被害者を救済している団体です。50万キビ払ってもらえれば、あなたがお持ちの10株を500万キビで買い取りますよ」という二次的詐欺の魔の手が忍び寄るのはまた別の話。







未公開株詐欺。

公開する予定もないのに、近々公開するなどと勧誘して紙切れ同然の未公開株を売却する商法です。

最近、株式上場で利益を得たという話を聞く機会は減った気がするのですが、こちらの被害は増えてしまっている様子。

4月9日の日経新聞でも、2009年度には被害が増えてしまっているとの報道がされていました。



証券会社か発行会社でなければ、未公開株の売却はできません。

また、発行会社自体が詐欺に関与しているケースもありますので注意しなければなりません。事案によって、販売会社だけではなく、発行会社も損害賠償責任を負うと認めた裁判例も出ています。



日経の記事にも書かれていましたが、未公開株詐欺の場合には、株券などの何らかの書類が渡され、かつ、「一定期間経過後に上場する」などと言われているため、騙された人がしばらく様子を見ることで、被害の発覚が遅れることが多いです。

相談に来た方が何件もの被害に遭ってしまっていることもよく見られます。

発覚が遅くなればなるほど、販売会社は消えている可能性が高くなります。

お金がなくなる。損害賠償請求をしても現実にお金が戻ってくる可能性が低くなりますので、周りの人が未公開株を買ったという話を聞いたら、早めに情報提供してあげてください。



この未公開株詐欺には、劇場型や二次被害も出てきているそうです。

この情報は昨年の時点で国民生活センターのサイトに掲載されています。

金融庁でも注意を呼びかけています。



劇場型というのは、振り込め詐欺のように、何人かで役割分担してチームで騙すもの。

二次被害は、かつて原野商法などでも問題になったもので、騙された人の被害回復を装いさらに騙すというもの。



騙す側は、他の詐欺行為の手法を応用し、騙される側はそれに気づかないという相変わらずの構成です。







※「上場されない会社はごくわずか」、「上場されれば、最低でも購入価格の倍以上になる」、「一年後に確実に当たる宝くじを買うようなものだ」という勧誘文言は、未公開株事件の裁判例で認定された勧誘文言です(東京地方裁判所平成19年11月30日判決)。







ランキング参加中です→人気blogランキングへ



ツイッターやっています。http://twitter.com/takuma141


2010/04/11(Sun) | 日本おさぎ話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る