LINEで自作スタンプ出してみた(業界2位)
弁護士石井琢磨です。

LINEスタンプ



LINEで自作スタンプの販売ができると話題になっていたので、出してみました。

「弁護士イシイの異議あり!」
https://store.line.me/stickershop/product/1021259/ja


書籍『プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法』
の販売活動の際に、4コママンガを描いてくれたキンジロー氏のスタンプをうちの事務所でプロデュースした形です。

マンガの一部は、プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法のフェイスブックページに残っています。
https://www.facebook.com/takumaishii.sinrisen

スタンプは、ものすっっっっごい前に申請したので、とっくに忘れていました。
あれは、たしか、暑かった季節だったかと・・・

こんなネタ的な活動をしている弁護士はいるまい、と思ったら、
天才クリエイター弁護士中村真先生に先を越されていました。
http://nakamuramakoto.blog112.fc2.com/blog-entry-242.html

その差、3日。


どうやら弁護士業界で2番目みたいです(H26.11.13現在で)。

グラハム・ベルに2時間差で電話機の特許を持っていかれたイライシャ・グレイの100万分の1くらい悔しいです。

やっぱり2位じゃだめなんでしょうね-。

自らがクリエイターか、絵が描けずに指示だけするプロデューサーかで、スピードは変わってしまうのです。
来年こそは絵を描けるようになろう。

ちなみに、キンジロー氏も、私もほとんどLINEを使っていません。


何しろ、私が、このスタンプを最初に送った相手は、親父(61歳、携帯を使ったことない)

たぶん、スタンプの買い方わからない。


きっと、スタンプショップのところで、「異議」とかで検索したら出てくるんですよ。

スタンプ


LINE乗っ取りとかで詐欺っぽいぞ、というシーンに是非!


「弁護士イシイの異議あり!」
https://store.line.me/stickershop/product/1021259/ja




2014/12/03(Wed) | ツール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マンガ巻数メモ Comic Meterで、ミスを回避
弁護士石井琢磨です。

同じマンガを2冊買ってしまうというミスをしてしまいました。

マンガ重複買う



マンガは話題になったものを適当に買って読んでいます。
発売と同時に買うことはあまりなく、連載中のものは、数年に一回、まとめて買ったりします。

酔っている状態で買ってしまったりすると、ノリで買う部分もあるため、ミスしちゃうのです。


こういうミスをしてしまったら、やることは2つ。
・リカバリー
・再発防止

リカバリーは、返品やら2冊あるのをどうするかと言った話。


今回は、再発防止するためには、どうすれば良いのか考えてみます。

重複して買ってしまうのは、書店で本を買う際に、
その本を過去に購入したというデータがないから
なのです。

何のマンガをどこまで買ったか、いちいち覚えていることはできません。
事前に「マンガを買うぞ」と意気込んでいるなら、チェックしてから出かければ良いのですが、私のようにノリで買ってしまう場合には難しい。

この点、Amazonなら、注意喚起してくれます。
過去に購入した本を買おうとすると、「あなた、これ、一度買ってますけどいいの?」という趣旨のメッセージが出ます。

amazon



また、電子書籍をKindleで買えば、重複して購入することはないでしょう。

しかし、これだと、どんどんリアル書店からネット書店、電子書籍に流れていきます。

この流れを止めてくれそうなアプリを発見しました。

「マンガ巻数メモ Comic Meter」




マンガをどこまで読んだかスマホで管理してくれるアプリです。


メモするの面倒くさい、スマホに入力するのも面倒くさい、と思っていましたが、
このアプリは、バーコードをスキャンするだけでマンガをセットできます。

マンガ巻数メモ Comic Meter



これなら何とかできそうです!


マンガを買ったら、スキャンしてカウントする。

マンガ巻数メモ Comic Meter



比較的手間は少ないのではないかと思います。

1つの画面内に6種類のマンガが表示可能。

何十種類というレベルなら簡単にチェックできそうです。

マンガ巻数メモ Comic Meter





マンガを買った瞬間にこのアプリを開く習慣を身につければ、重複して買うミスは避けられそうです。

このレベルを習慣化できないと、結局、「このアプリの表示って正しいんだっけ?」となるのでご注意。


この習慣すら身につかなかったら、全書店での購入データを個人ごとに共有して、レジで注意喚起してくれる仕組みでも欲しいです。
マンガに限らず、ビジネス書などの重複購入、DVDのレンタルなどでも役立ちそうな話です。

リアル書店で「お客さん、2カ月前にこの本をAmazonで買ったみたいですけど、よろしいですか?」
と言ってくれる仕組み。

わずかなポイントで個人情報を提供するのは面倒くさいと感じちゃいますが、こういうメリットがあるなら、データを提供しても良いと思ったりします。


弁護士石井琢磨twitter


2013/10/12(Sat) | ツール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone5への機種変更でやりがちなミス
弁護士石井琢磨です。

先月、iPhoneの機種変更をしました。

3GSから

iPhone5


発売されたばかりのiPhone5へ。

iPhone5



以前の3GSは丸みを帯びていたのに対して、今回の5は角張っている。
ポケットから取り出す際、5では、触覚的に裏か表かがわかりにくく、操作するまでに瞬間的に持ち替えなければならないことが増えました。
その際に、iPhone5を道路に思いっきり落としてしまうことが何度かありました。

早くも壊してしまいそうだと思い、対策としてストラップをつけてみました。

iPhone5




エザンスさんのストラップ用ネジを取り付けてのものです。


もともとあるネジをはずすのでサポート対象外になるリスクはあるのですが、何度も路上に落とすよりはマシです。

このストラップを取り付けてから、手に引っかかり、落とすことはなくなりました


5への機種変更での問題点がもう一つ。

今までのバージョンでは、ケーブルに差し込む接続口が大きかったのに対して、

iPhone5




今回のは小さい。細い。

iPhone5




iPodを含めて、初めての変更であり、今までのケーブルが使えないことになります。


iPhone5に新しいケーブルは1本ついているのですが、私は、家でも職場でも、モバイルでも、車でもこれらのケーブルを使っていたので、これは大変。
ケーブルを3本追加購入しないと今までのように、そこらじゅうでは使えない。


ところが、今までのケーブルを使えるようになる変換アダプタなるものがあると聞きました。

iPhone5



さっそく購入。
これを持ち歩けば、他の3箇所でも、5を利用できます。

今までのケーブルをiPhone5用に変換してくれるのです。

すぐれものですね~

iPhone5




さあ、変換アダプタを使ってさっそく・・・



iPhone5


って入らないし。



ネジ穴を利用したストラップを付けると、変換アダプタが入りません。

5に買い換えたみなさま、お気を付けください。




ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ



2012/11/24(Sat) | ツール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「Toodledo」で弁護士業務タスクを管理する
tood



弁護士石井琢磨です。

今年に入ってタスク管理ソフト「Toodledo」を使っています。
なにこれ、なんて読むの?トゥードゥルドゥ?
名前が読みにくい、英語であるという欠点はあるものの、
色々とToDoリストを試し、アナログでもデジタルでも挫折した私が、半年以上定着して使っているツールです。
有料版に申し込んでもいます。

これを使うことで、仕事の作業効率はかなり上がり、ストレスも減りました。

「次、なにやらなきゃ・・・」と脳の一部がタスク管理に侵食されてしまっている人は使ってみると良いかも。

このToodledoについて、シゴタノ!の記事を閲覧して使い方を学びました。
http://cyblog.jp/modules/weblogs/8545
また、最近では、「Toodledo「超」タスク管理術」という本が出ましたので参考になると思います。
Toodledo「超」タスク管理術
Toodledo「超」タスク管理術


私と同じように英語ソフトに対するアレルギーがあっても大丈夫。


で、このToodledoで何ができるのかというと、単純なToDoリストの機能以外に、次の3つが特に役立っています。

1 リピートしてくれる

毎日やらなきゃいけないこと
平日やらなきゃいけないこと
2週間に1回やらなきゃいけないこと
毎年やらなきゃいけないこと

一度設定すれば、定期的に教えてくれます。

細かい設定も可能。

これを使いはじめて、何日かに1回充電しなければいけないもののバッテリー切れがなくなりました。
このリピート機能がなかったら、月末にスタッフに給料払うのを忘れることがあったかもしれません。

かなり先の予定も入れられるので、裁判の次回期日に向けて、いつ何をやるのか設定しておき、脳からいったん離すことができます。


2 時間の記録がとれる


1つのタスクに何時間かかったか記録を取ることができます。
外出先でiPhoneを使って記録することも可能。

これにより、1つのタスク時間がわかる→データベースができる→将来の見積の精度が上がる→1日で何の作業ができるのか分かる。
作業系の仕事には力を発揮します。

1つのタスクに見積時間を設定すると、今日1日の仕事時間を自動的に出すことができます。
1日の仕事時間が20時間とか表示されると泣きそうになりますが、早い段階で非現実的だと知ることができるのです。

この機能を使うと、ある事件の解決にかかった全体的な時間を知ることができます。
街の弁護士では、弁護士費用を最初にもらう着手金と成功報酬のように分けて固定した額と設定することがほとんどですが、タイムチャージで設定し正確に測定することも可能になります。

いま、担当している裁判員裁判事件に何十時間何分つかっているのか、正確にわかるのです。
結果、ある事件の時給がいくらだったのかを計算することもできます。

時給ベースで計算することの良し悪しはありますが、現状を把握するのは大事なことです。

客観的な測定結果は、なんとなくイメージしていた感覚的な数字とはかなり差がありました。


3 表示形式を自由にすぐさまカスタマイズできる

私はまだ十分に使いこなしているとは言えないレベルですが、本や使っている人のサイトを見ると、色々な形でタスクリストを表示することができるそうです。

状況に応じて、特定の事件に関するタスクだけを表示したり、優先事項だけを表示したりすることができます。

急な事件が入ったので、優先順位を変えて表示することも可能なのです。



これを使えば、弁護士業務のなかでも作業系のタスクでつまずくことは少なくなるはず。
いつも締切りギリギリになってしまう人はぜひ試してみてください。

https://www.toodledo.com/

Toodledo「超」タスク管理術
Toodledo「超」タスク管理術







2012/09/21(Fri) | ツール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
iPhone3GSでiOS5にアップデートしたら発熱してバッテリーが持たない
iPhone



弁護士石井琢磨です。

今さらですが、同様の症状が出る人がいるかもしれないので書いておきます。
iPhone3GSのiOSをバージョン5以降にアップデートした際のトラブル。

私は現在、約3年前に買ったiPhone3GSを使っています。
iPhoneをあまり追求しておらず、iOSがアップデートされても、まあ、気がついたらインストールするか、くらいの使い方です。

先日、何げなく、iPhoneをパソコンにつないだところ、「インストールするか?」と質問されたので、気分で「OK」としてみたら、
なんだか初期化されたようで、写真もメールも連絡先も全て消え工場出荷時の状態に戻ったようでした。
私のアップデートは、4.3.3から5.1.1だったようです。

いろいろと調べたところ、半年前くらいに同じ悩みを抱えた人がいっぱいいたようで、正規の方法としては、結局、バックアップを取っておいて、そこから戻すしかないようでした。
私の場合、連絡先は復元、メールは戻らず、写真は3ヶ月間分戻らず。

教訓としては、アップデートする前にバックアップ取っておけ、ということになるのですが、トラブルに遭って初めて検索するのですね。人間というものは。

データがなくなったことで落ち込みましたが、なくなったところで死ぬわけではないので受け入れました。

ところが、その後、iPhoneが発熱しバッテリーが3時間でなくなるという現象に陥りました。
iPhone4Sが発売されたときにバッテリー問題で騒がれましたが、そんなレベルではないです。
3時間しかもたないのでは使い物になりません。

そこで、バッテリーの消費量を減らすテクニックを大量に試してみましたが、大した効果はありませんでした。

最終的に、解決のための正攻法情報としてはこれしか見つかりませんでした。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/10099064?start=0&tstart=0

もう一度、復元せよ、というもの。

この数日でiPhoneの使い勝手を元通りにしようと思って色々と試したのですが、再度、工場出荷時の状態に戻せ、という方法です。

3時間でバッテリーが切れるという状態がさらに悪化し、「残り20%です」という警告から2分で切れるという末期症状を迎えたため、しかたなく最終手段として、もう一度復元してみました。

復元後、数日間様子を見ていますが、微妙な状態です。

たまに急な発熱をし、一気にバッテリーが減ります
が、使っている時間の8割程度は以前と同じような消費量に戻りました。
3時間でバッテリーがなくなる、という問題は解消されました。

予告されずにiPhoneが使えなくなる時期が来るのは困りものですが、まあ8割は使えるので、新機種が出るまで騙し騙し使っていこうと思います。

それにしても怖いですね、アップデート。
クリックする前に情報を確認してくださいね。


ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ

2012/05/29(Tue) | ツール | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ