なぜプロフェッショナルは食中毒に遭っても超回復できるのか?
弁護士石井琢磨です。

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか



先日、『プロフェッショナルサラリーマン』の著者・俣野さんから、フェイスブック上で、
ダイエットセミナーへのお誘いを受けました。

※プロフェッショナルサラリーマンについての参考記事
家計の管理を妻から自分に移す方法

小学生のジャンプの買い方から将来がわかる →『100%楽しく働く1%のサラリーマン』


数年ぶりに会った友達などからは、「痩せたね?大丈夫?」と心配される体重の私なのですが、
なぜダイエットに?
プロフェッショナルサラリーマンともあろうものが、誰かと間違えたのだろうか、と疑問に思っていました。

そんな俣野さんが、そのセミナーの内容について、共著で本を出したそう。

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~
一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~


そう、ダイエットは付随的なもので、パフォーマンスを上げる、コンディションにこだわるセミナーだったようです。
ああ、パフォーマンスオタクの私の性格を見抜いてのお誘いでした。プロフェッショナル健在。


「健康診断をおみくじか何かと感じ違いしているビジネスマンは少なくありません。それを証拠に、健康診断の数日前になると、何日か前から食事を控え目にしたり、お酒を止めてみたり…、と調整が始まります。そして、結果に一喜一憂し、数日もしないうちに元の生活に戻ります。」(161ページ)



あれ、これは私の後ろくらいにある弁護士席から毎年のように聞こえてくる内容です。


コンディションは、健康診断の1日だけ良くても仕方がないのです。
安定してよくならないと。ムラをなくさないと!

共著者の俣野さんは、本書の内容を実践して、2か月で10キロ痩せたほか、仕事のパフォーマンスも上がったそうです。


「週に1~2回は、一日中寝ていないと身体がもたなかったのに、今は休みなく好きなだけ仕事に没頭できるようになりました。食中毒になっても、昔だったら何日も寝込んでいたところが、すぐに回復できるようになったのです。」(16ページ)



食中毒になっても、すぐに回復できるように・・・

何でも俣野さんは、以前に生ガキにあたったことがあり、3日間寝たきりで、苦しくて仕事ができなかったそうです。

私も、数年前、生ガキにあたり苦しんだことがあります。
もう、それ以来、生ガキは怖くなり、半径50cm以内には近づかなくなりました。

しかし、プロフェッショナルは違った


「コンディションに気をつけるようになった今、生ガキを食べた数時間後には胃が感知してくれるようになりました。「ちょっとムカムカするな」と感じて、すぐに1回吐いただけでスッキリ。」(30ページ)



食べ続けている・・・

やっぱり、失敗してもめげずに立ち向かい続けるのがプロフェッショナルなのですよ。


では、このように食中毒すら吹っ飛ばすくらいの不死鳥パフォーマンスはどうやれば得られるのか。


本書のポイントは、消化でした。

消化=体力の浪費

であると言います。

消化に余計なエネルギーをかけないことで、仕事に向けられるエネルギーが増える。
その結果、パフォーマンスが上がるのです。

午前中のパフォーマンスを上げるために、朝食は空きっ腹にフルーツを推奨。
その他にも、大事な会議の前には昼食を半分にしたり、飲み会の前後での食事の注意点、消化が良い食べ物などが紹介されています。


実は、この本を読む前から、実践している内容も結構ありました。
今では「痩せたね?大丈夫?」と言われる私ですが、これは、朝食を野菜ジュースにしてからです。
これで、体重が10パーセント落ちました。朝食をとるよりも午前中の仕事のパフォーマンスは圧倒的に良いです。
ただし、本書によると、果物と野菜を混ぜてのジュースは酵素のとり方としては良くないそう。ここは改善しないといけません。

※参考記事:「半日断食」
http://sagamigawa.blog73.fc2.com/blog-entry-572.html


本書では、私好みのノウハウがたくさん紹介されているのですが、細かい改善をする前に、まずやるべきこととして、デトックスが紹介されています。
まず、体内の余計なものを出してしまう。それから体を変える。

そのデトックスの内容が、一日中、フルーツしか食べない。

ううむ、これだけでまた痩せそうです。

さらに体重を減らして、生ガキに近づける体を目指すか悩み中です。

生ガキを安心して食べたい方はぜひ読んでみてください(生ガキは自己責任で)。


一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~
一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?~仕事力を常に120%引き出すカラダ習慣~上野啓樹 俣野成敏

クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2014-11-13
売り上げランキング : 66


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2014/11/25(Tue) | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
質のよい睡眠をとるための3つの法則
弁護士石井琢磨です。
朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則
朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則



本屋さんで並んでいるのを見て、ついカゴに入れてしまった一冊です。
年末から、睡眠時間に波が出て3時に目が覚めたりする時期があります。老化でしょうか。

さて、誰にとっても睡眠は大事なもの。
寝不足の状態では、仕事でもプライベートでも色々とミスをしてしまいがちです。
法律事務所には眠れていない人が何人も来ます。しっかりと睡眠を取ってほしいもの。

十分な睡眠かどうかは、時間だけでなく質も影響します。

この本は、睡眠の質を高めるために、日中に何をすれば良いのかを教えてくれるものです。

まえがきを読むと、質のよい睡眠をとるための3つの法則が書かれていました。


「起床から4時間以内に光を見て、6時間後に目を閉じ、11時間後に姿勢を良くする」




起床から4時間以内に光を見る

これは早起きの本によく書かれていることです。
人間の体内時計は少しずつずれていくので、太陽光を浴びることで、それをリセットする。
これで、体内時計が安定するので、睡眠も安定するという内容です。

この本では、太陽光を浴びなくても良い、という主張までされています。


起床から6時間後に目を閉じる


これは、以前に紹介した『1分仮眠法』で紹介された内容に近いです。

参考記事 『1分仮眠法』

脳も体も冴えわたる 1分仮眠法
脳も体も冴えわたる 1分仮眠法



人間の体内時計では、どうしても昼に眠くなる。
眠気を感じる前に、目を閉じることで、この眠気を予防できるという内容です。



最後の3つ目。
起床から11時間後に姿勢を良くする

睡眠本を何冊も読んでいる私も、初めて聞きました。
姿勢と眠気って何の関係があるのでしょうか?

睡眠に関する本を読んでいると、よく出てくるのが体温の話。
寝る前に体温が高いと寝つきが悪くなるという話をよく聞きます。
寝る前の体温をコントロールするために、どの時間に運動をすると良いとか、風呂に入るのはいつが良いとか色々と言われます。
しかし、仕事をしていて、そこまで規則正しい運動はしにくいのが現実です。

この本の3つ目の「姿勢を良くする」という点は、この体温のコントロールに関係するもの。
姿勢を良くするためには、背中の筋肉を使う。体温のコントロールには、これくらいの刺激で良いのだそうです。

姿勢を良くするくらいだったら、仕事中でもできそうですね。

これならできる、と思った人は、姿勢を良くするポイントを本で確認してみてください。


基本が4時起きの私は、
8時までに光を見て、
10時に目を閉じる
15時に姿勢を良くする
これで質のよい睡眠がとれることになりますね。

10時は、裁判でもよく弁論期日が指定される時間帯。
法廷で目を閉じていたり、15時の打ち合わせでは少しだけ姿勢が良い私を見かけたら、この本を実践しているところです。

気にしないで見守ってください。

朝昼夕3つのことを心がければOK! あなたの人生を変える睡眠の法則
朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則菅原洋平

自由国民社 2012-09-21
売り上げランキング : 7181


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

ランキング参加中です→人気blogランキングへ



2013/02/07(Thu) | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
1分仮眠法
脳も体も冴えわたる 1分仮眠法
脳も体も冴えわたる 1分仮眠法



弁護士石井琢磨です。


思わずタイトル買いしてしまった一冊。

『1分仮眠法』


ある裁判所の近くの喫茶店に昼休みの時間帯に行くと、いつも同じ弁護士を見かけます。
その弁護士は、必ず仮眠しているのです。
昼休みが終わる直前に目覚め、会計はツケで払っているのか、そのままお店を出て行きます。

うらやましい環境です。

仮眠は脳のパフォーマンスを上げるのに欠かせません。

昼過ぎの電車移動があると、私はたいてい10分程度タイマーをかけて仮眠を取ります。
車で移動する際に、サービスエリアに停めて仮眠を取ることもよくあります。

もともと何処でも眠れる体質のようで、どこでも仮眠できます。

いつからこんな仮眠を取っているのかと言えば、
弁護士1年目からそうでしたし、
司法試験の勉強をしているときもそうでしたし、
遡ると、大学受験勉強のときからそうでした。

それ以前は、本格的に勉強をしたことがなかったので、私が勉強を始めてからというもの、いつでもそこにいたことになります、仮眠は。

私は、仮眠とともに成長してきたのです。

司法試験の合格掲示板に自分の番号を見つけたとき、取材されていたら答えていたでしょう。
「いま、誰に感謝を伝えたいかって?仮眠ですよ」と。

そうです。

仮眠は、私の貧弱な能力を最大限に引き出してくれ、勉強時間を最短にしてくれたといえます。

仮眠なくして司法試験の合格はあり得なかった。


それくらい身近なキーワードだったので『1分仮眠法』の新聞広告を見て、思わず購入してしまったのです。

本書で言う「1分」というのは仮眠時間ではなく、情報のシャットアウト時間。

ときどき目を休めることで、仕事効率が上がるという主張です。

さっそく、自分のデスクでこれを試してみたところ、1分間、目をつぶるだけで、本当の眠りに落ちてしまいそうになりました。

本書によると


「5分以内に眠れる」 そんな寝付きのいい人は要注意。



とのこと。

睡眠負債、いわゆる寝不足があるそうです。

5分以内に眠れなかった夜など、この3年で1日しかない私は、睡眠負債で睡眠破産しそうです。

そんな睡眠負債の多い人は仮眠で補う必要がありそうです。
まず睡眠負債を完済してから、1分仮眠法の効果を検証していく予定です。

パフォーマンスを上げたい人は、ぜひ読んでみてください。

脳も体も冴えわたる 1分仮眠法
脳も体も冴えわたる 1分仮眠法


2012/07/09(Mon) | 健康 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
半日断食
弁護士石井琢磨です。

2週間前から半日断食を始めました。

別にダイエットをしているわけではありません。
むしろ、体重は増やしたい。

始めたきっかけは、小山龍介さんの『IDEA HACKS!2.0』。

IDEA HACKS!2.0
IDEA HACKS!2.0小山 龍介 原尻 淳一

東洋経済新報社 2011-12-09
売り上げランキング : 12641


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






小山さんは半日断食を始めたことで、「集中できる時間がグッと増え」たそう。


頭がよくなる、という方法があると、つい試してしまう私。
過去には頭脳パンからアルファ波が出るという謎の機械まで色々試しています。
今回も迷わず実践。


本に書かれている半日断食の内容は、

朝食を抜く。
午前中は野菜ジュースを飲む。
酵素を壊さない低速ジューサーを使い栄養をとる。
水分も多めにとる。

というもの。


さっそく小山さんが使っているメーカーのヒューロムスロージューサーを購入。

HUROM SLOW JUICER 【酵素で元気! 世界初LSTS方式(低速圧縮搾り)】スロージューサー ホワイトHU-300W
HUROM SLOW JUICER 【酵素で元気! 世界初LSTS方式(低速圧縮搾り)】スロージューサー ホワイトHU-300W





家に届くなり、家族から「音は静かなのか?」と睨まれました。

初めてのジューサーなので比較できませんが、洗濯機より静かです。

固い野菜を入れると音は大きくなります。






半日断食を2週間つづけた感想。


朝から集中力フルスロットルで働ける。
今のところ健康。
体重1キロ減。
睡眠時間が1日30分程度短縮。
朝食の時間が節約できるものの、リンゴの種を取るのと、ジューサーを洗うのは結構手間。時間的にはプラスマイナスゼロ。
包丁で指を切った。

全体としては良い効果が生まれています。


しかし、何よりの効果は、空腹感、飢餓感を得たこと。

人間は、満腹だとやる気が出ないのです。

多少の空腹を感じていると、飢えを感じていると、マインドが上昇志向になります。

獲物を狩るような目になってきます。
感覚が研ぎ澄まされてきます。


だからこそ、集中力も上がるのでしょう。


日常に満足しちゃってる人は、一度試してはどうでしょう?



2012/02/19(Sun) | 健康 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
首のコリは万病のもとらしい
弁護士の石井です。

みなさん、首こってません?

先月、首を回すとミシミシと音がするようになったので、「知らない間にロボットになってしまったか」と思ったら、整体師から「この数年間で一番のコリだ」と言われました。

年末年始休暇の後なのにナゼ?

と思ったら、1月は、パソコン作業量、読書量がやたらと増えてしまっていたようです。

パソコン作業や読書、台所の洗い物まで、うつむいて作業をすることが多かったため、首に疲労がたまってしまったよう。
首に疲労がたまると、肩こりが発生したり、肩胛骨が痛くなったりして、パフォーマンスが落ちてしまうのです。

そんなタイミングで日経新聞を開いたら、首こりの本が広告されていたので思わず買ってしまいました。


首こりは万病のもと―うつ・頭痛・慢性疲労・胃腸不良の原因は首疲労だった! (幻冬舎新書)
首こりは万病のもと―うつ・頭痛・慢性疲労・胃腸不良の原因は首疲労だった! (幻冬舎新書)





本書によると、首がこっていることが、うつ病、頭痛、自律神経失調症などの病気の原因とのこと。怖い怖い。
恐怖とはこうやって煽るのか、と感心してしまうくらい怖くなりました。

私の場合、まだそんな症状まで出ておらず、ミシミシとなるくらいで済んでいますが、放置すると、病気になってしまうのか。


●対策

首こりを改善するには、首を温めるほか、うつむき作業中には15分に1回の首休憩をとるのが良いそうです。首休憩は30秒上を向くそう。
15分に1回集中力が途切れることになりますが、健康には代えられませんね。


読書、パソコンなどうつむく作業以外にも、悩み事でうつむいていたりすると首に疲労がたまるようです。

法律事務所に相談に来る方は、悩み事を抱えているので、うつむいている傾向があります。これからは法律相談中、15分に1回、上を向いてもらうようにしましょう。



ランキング参加中です→人気blogランキングへ










2011/02/11(Fri) | 健康 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ