荷受け代行詐欺
弁護士石井琢磨です。

昨年夏に国民生活センターから注意喚起がされ、その後、逮捕者が出るなどして話題になっていた荷受け代行詐欺についてです。
最近届いた消費者法ニュース110号にも記事が掲載されていたので紹介しておきます。

消費者法ニュース




荷受け代行、というアルバイトや、クラウドソーシング経由での仕事を受ける。
始めるために身分証明書が必要と言われ、画像を送る。
自宅に荷物が届く。
指示通りに開封せずに指定住所に転送。
アルバイト代をもらう。

ということをやっていると、携帯電話会社からすごい請求が届く、という話です。

身分証明書の画像を使われ、スマホ等の契約をさせられている。
業者はそれを転売して利益を得た後、逃げる。

その結果、わずかなバイト代名目のお金はもらえたものの、複数台のスマホ代金や解約金を負担させられてしまうというものです。

携帯会社としては身分証明書と同じ住所に送ったということで契約成立を主張。
消費者としては、合意していないのだから契約は成立していないと主張し争っていくことになるでしょう。

消費者法ニュースでは、契約時には別人名義のクレジットカードが使用されたケースも紹介されており、携帯会社は本人確認を怠っていることもあり、契約は成立していないという結論を導いています。

もちろん、転送されたスマホが犯罪に使われることも多く、そこから詐欺罪での捜査が入ることもあります。

とんでもバイトはやらないに越したことありませんが、携帯電話会社から請求を受けた場合には、契約は成立していないという法的主張をどこまでしていくか、ということになります。


※国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20160722_1.html



ご相談は相模川法律事務所ホームページへ

弁護士石井琢磨twitter

2017/03/06(Mon) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ここまで進化したか!『老人喰い』
弁護士石井琢磨です。

振り込め詐欺の実態を明らかにした書籍として、
『職業“振り込め詐欺”』がありました。
職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)
職業”振り込め詐欺” (ディスカヴァー携書)



詐欺集団が、まるで会社?
と感じるように組織化され、若者を取り込んでいる様子が描かれている一冊。

この新バージョンと言っても良い本が『老人喰い』。

老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 (ちくま新書)
老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 (ちくま新書)



詐欺集団は、さらに進化しています。
『職業~』よりも、高度化した手法が描かれています。

たとえば、振り込め詐欺といっても、その初期に出てきた「オレ、オレだよ」という第一声はなく、下調べをします。
警察を装って調査だと電話をかけて情報を引き出しておいたりするのです。

そして、詐欺の実行日には「健介だけど」と名前を出すのです。

さらには、会社名や家族の名前まで実名で登場してくることもあります。

信じちゃう確率が上がりますよね。

しかし、それだけではありません。

実際にお金を振り込む被害者の中には、「振り込め詐欺ではないか?」と疑う人もいるそう。
詐欺師は、「それでも騙せる」と言います。


疑う人すら騙せる



騙してくるグループにはキレ役がいます。
息子役が迷惑をかけた相手の役が激しくキレるのです。

息子が痴漢をした示談金という手口の場合、こんなキレ役が出てくる。


「示談とかふざけんな!どういう育て方したんだあんた、これあんたの責任だぞ!!まず謝れよ親として!うちの娘はな、ずっと中学校時代いじめられて不登校で、やっと落ち着ける高校に入って、これからってタイミングなんだぞ!あんたの息子、その娘の人生台なしにしやがって、金でどうこうって話じゃねえだろ」(35ページ)



まず、こういうキレ方をされて、怖がり、混乱して払ってしまう人がいます。

次に、「何か怪しい」と感じる人がいます。ただ、電話の向こうではキレ役が怒鳴り散らしている。
そんなときの被害者の心境。

詐欺だとして電話を切る? → 万一、違ったら息子の社会的生命は奪われる。

警察に連絡してみる? → 詐欺じゃなかったら、示談どころじゃなくなる。

怪しいと感じつつも、取り返しのつかない事態を避けるため、払ってしまうのです。

さらに、「これは詐欺だ」と感じた人の中にも払ってしまう人がいるそう。


「なぜなら情報を強化した名簿で架電(電話)している時点で、詐欺電話の端々から大切な家族の個人情報が詐欺師に掴まれていることを、被害者は把握している。となれば、被害者の胸中に沸き起こるのは、被害者本人や子供や孫にまで「詐欺犯罪者による報復」が行われるかもしれないという不安だ。」(41ページ)



騙しより脅しに近い手法になっているのです。


詐欺はなくならない?




このように高度化した詐欺を含めた老人喰いについて、著者は「なくならない」と断言しています。

なぜなら、振り込め詐欺は組織化どころではなく、もはや産業になっているから。
一つ一つの手法への対抗策を考えるだけでは不十分なのです。
すぐに新しい手法が出てきます。

預金での振り込み→銀行の窓口での停止
→宅急便や郵便で送らせる→宅配業者や郵便局での警戒
→現金での授受
と代替手段がすぐに出てきます。


詐欺が産業になった原因は、格差にあると言います。

振り込め詐欺が何年もなくならないのを見て、これは高齢者の資産が若者に移転しているのではないかと薄々感じていました。
まるで相続で子の世代、孫の世代に資産が移転するのと同じように、若者世代に移転している印象を受けます。

本書でも、同じような指摘がありました。

産業となった詐欺の組織では、新人を育てる際に、洗脳します。

高齢者を敵と設定した洗脳です。

「俺は不思議でしょうがない。この使い切れない金を、なんでこいつらは使わないんだ?
高級車買ってゴルフやってる奴らは、まだマシだよ。こいつらが金使うことで、若い人間も仕事ができる。物を買えば、それを作る若い人間に金が回る。だけどほとんどの老人は、ただ自分のために金を溜め込んで使わない。奪われないように、減らないように、目えギラギラさせて、金を抱え込んでる。日本中の金を持ってるこいつらが金を使わないから、ますます若い人間は働いても働いても、貧乏から抜け出せねえ。」
「日本の老人は、世界中でも最も金持ちで、最もケチな人種だ。若い人間が食えなくてヒイヒイ言ってる中で、金もってふんぞり返ってるこいつらから、たった200万程度を奪うことに、俺は一切の罪悪感を感じない。むしろ俺はこの仕事を誇りに思ってるよ」



高齢者=敵。
この主張を裏付ける平均預金額などのデータを出したりもするわけです。


資産の格差、そして、資産が増えない見込みが若者の肌感覚であること。
これを前提に詐欺を正当化しているのです。

ピケティの本では、資産格差によって、格差はさらに拡大すると言われています。
21世紀の資本
21世紀の資本


だとすれば、いま、資産を持たない若者は、今後も資産を増やせないことになります。

このような格差の構造から詐欺産業が成長したのです。

私が会った振り込め詐欺犯には、罪悪感を持っていた人もいましたが、今回の本では、彼らは罪悪感を持っていない。それどころか、金を持っているのに使わない高齢者に対して敵意を抱いています。

詐欺師は、敵意を持って財産を奪いに来るようになりました。

ここまでの敵意があるとは意外でした。

敵意を持った一大産業と戦う。
この意識が必要です。

「なくならない」という著者の主張にも説得力があります。
振り込め詐欺で捕まるのはせいぜい末端のみ。


「うちの親は大丈夫」なんて安心はできません。
本質的な対策は、親に財産を持たせないことくらいしかないのかもしれません。

とりあえず対処療法的な方法として、「ふざけんな!」と叫ぶキレ役に動じてしまうことを防ぐには、あ、いい本を見つけました(笑)。

めんどうな人を サラリとかわし テキトーにつき合う 55の方法
めんどうな人を サラリとかわし テキトーにつき合う 55の方法



騙す側は、大声に怯んでいるから「いけそう」と判断するわけで、サラリとかわす相手には、労力をかけないでしょう。
財産を守るためには、かわせる技術も大事になってきます。

お盆の帰省の際には、ぜひ親にプレゼントしてあげてください。


老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 (ちくま新書)
老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体 (ちくま新書)鈴木 大介

筑摩書房 2015-02-06
売り上げランキング : 98472


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2015/08/11(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ネズミ講の上位者利益の返還を命じた最高裁判決
弁護士石井琢磨です。

ねずみ



ネズミ講について、最高裁判決が出されました。
「ネズミ講利益、上位会員らに返還命令…最高裁」(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00050076-yom-soci

ネズミ講って言われても、イメージ湧かない人が多いと思います。
ネズミが大量に増えて困っていた時代に名付けられたものでしょう。

法的には、無限連鎖講と言います。

金銭配当を目的としてピラミッド型の勧誘をするものです。

1人が4人を勧誘して加入。加入された4人がそれぞれ4人を勧誘して加入・・・と繰り返していく。
加入した人がお金を払い、それが本部や上の会員に分配され、払ったお金以上のものがもらえるという勧誘がされます。
会員が増えれば増えるほど、上の会員にたくさん分配されるわけですが、勧誘される人は有限ですから、いずれ誰も勧誘する人がいなくなり、破綻するというシステムです。

ネズミ講

(簡単なピラミッド図なんてパワポのテンプレートで1分で作れるだろうと思ったら、こんなのしか作れませんでした、はい)


小中学校のクラス内で、「不幸の手紙を受け取ったら、まだ受け取っていない3人に出せ」と言われて、周りを見たら誰も出す相手がいない、
みたいなイメージです。


この無限に増えていく図が、かつては「ネズミみたいだ!」と言われ、ネズミ講と呼ばれるに至ったわけです。
ネズミってそんなに多かったんですね。
都会では、ドラえもんの中でくらいしか見かけなくなりました。

このピラミッドで、下の方の人は、払ったお金だけの分配を受け取ることはできず、被害を受けるのです。
もう勧誘する人、いないじゃないか、騙された!と。

いずれ破綻する、こんなシステムは人間を狂わせるということで、法律では、
無限連鎖講の防止に関する法律
で、全面的に禁止
このシステムを開設や運営したら3年以下の懲役等、
勧誘した人も罰金という刑事罰まで用意されています。

このように違法行為なので、支払の合意は無効となります。

無効なものを払ったのだから、返せ、と請求するわけですが、ここで、請求された側は、
不法原因給付の反論をして拒絶するのです。

不法原因給付は、一言で言えば「お前も悪いんだから返さない」という主張です。

裏口入学図1



賭博をして払ったお金を返せという主張は認められないのです。
裏口入学金を返せというケースでブログでも取り上げましたので、詳しくはそちらを。
※参考記事「残酷な裏口入学裁判で取り返すたったひとつの方法」
http://sagamigawa.blog73.fc2.com/blog-entry-509.html

今回のケースでは、高裁までは、この不法原因給付を認め、
ネズミ講は無効だけど、払った方も悪いんだから、返さなくて良い
と判断していました。

これに対して、最高裁は、
「お前も悪いんだから返さない」という主張は、信義則上ダメ
だとして、返すよう命じたものです。


「仮に,被上告人が破産管財人に対して本件配当金の返還を拒むことができるとするならば,被害者である他の会員の損失の下に被上告人が不当な利益を保持し続けることを是認することになって,およそ相当であるとはいい難い。
したがって,上記の事情の下においては,被上告人が,上告人に対し,本件配当金の給付が不法原因給付に当たることを理由としてその返還を拒むことは,信義則上許されないと解するのが相当である。」(最判 平成26年10月28)


被上告人がピラミッドの上の人、上告人・破産管財人が請求している側です。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=84582

信義則って、「信義に従って誠実に」みたいな曖昧なルールで、あまりこれに頼りたくはないのですが、仕方がありません。
同じような仕組みで、被害者が権利主張するシーンでは使える判例ではないでしょうか。


「すごいビジネスを思いついた!」と言う人がいるので聞いてみたら、「思いきりネズミ講じゃないか!」ということがたまにあります。

知らないうちに犯罪、なんてことにならないよう、気をつけてください。



2014/10/30(Thu) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ノックお断り」の表示を無視して営業、罰金550万円のステッカー記事
弁護士石井琢磨です。

2013年12月に、オーストラリアのニュースで、
「ノックお断り」の表示を無視して営業、罰金550万円
というものがありました。
http://www.afpbb.com/articles/-/3005060

訪問販売はやめてね
というステッカーを貼っていたのに、これを無視する勧誘に罰金を払わせたものだそう。

この罰金額は、勧誘会社と営業マンの派遣元会社の2社合計額のようです。


日本では、傷害罪や窃盗罪の罰金上限が50万円(他に懲役になる可能性はあり)なので、550万円というのは高いかと思いきや、
カネが絡む犯罪では罰金額は高く設定されています。

独占禁止法や金融商品取引法の罰金刑は高額ですし、訪問販売等を規制する特定商取引法でも、虚偽の事実を伝えて勧誘したような場合には、罰金の上限は300万円とされています。

ただ、望まない勧誘をしただけで、550万円というのはやっぱり高い!という印象を受けます。



この事件について、消費者法ニュース99号で解説されていたので、紹介。
DSC00057.jpg




ここまで高い罰金が科せられたのはなぜでしょうか?

記事によれば、このステッカーには次のような特徴があるそうです。

1 このステッカーは国の機関が作って配っているもの

2 ステッカーには「悪質な勧誘はやめて」とか「迷惑勧誘はやめて」というように、限定がない。
とにかくノックするな
「敷地から直ちに退去してください」
というストレートなもの。

3 ステッカー自体に「訪問販売イヤだ」という人を支援する旨が書かれている


DSC00058.jpg



国をあげて、訪問販売を広く拒絶しようとしているのです。日本よりも強い保護。

ここまで消費者を保護しようとするのは、
・国民が弱い=断れない
・営業マンが強い
のどちらかだと思われます。

私がオーストラリアに行った9年前には、現地の日本人が、
「オーストラリアはアバウトだよ。
 営業時間内でも早く終わっちゃうことがある」
と言っていて、営業熱心さは全く感じませんでした。

だとすると、断れない人が多いのでしょう。


日本人も世界では「NOと言えない」というイメージがありますが、勧誘お断りステッカーの力はとても弱く、地方自治体によって少しずつ始まったばかりです。

参考記事:訪問販売お断りのステッカー


効果を上げるには、オーストラリア並みのインパクトが必要ですね。



2014/06/24(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
良い子はマネしちゃいけない『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』
迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ
迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ



弁護士石井琢磨です。

『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』という本を読みました。

『ついていったら、こうなった』
ついていったら、こうなった―キャッチセールス潜入ルポ


『クリックしたら、こうなった』
クリックしたら、こうなった


など、捨て身でネタを追い求め続ける多田さんの本。

迷惑メールは、法規制の存在も忘れられるほど、全く減りません。
フィルターを抜けてきた迷惑メールを一括で削除する際、大事なメールも一緒に消してしまうなど、石井家の被害も止まりません。

これだけ減らないということは、利益が出ているということです。

では、どんな仕組みで利益が出ているのでしょうか。
本書では、いろいろな迷惑メールに返事をした結果が紹介されており、この仕組みに迫れます。


最初に紹介されているのが、

ロト6攻略法詐欺。

これも、報道されている割にはなくなりませんね。

多田さんが紹介したメールは、アベノミクスが騒がれている際に
「急激な円安の今がチャンス!」
「現役投資家が教えてくれる0円サイト知ってる?」
などと、投資を切り口にしたメールです。

流行に乗って勧誘するのは詐欺の常套手段。


このような切り口で、ロト6攻略法のサイトに誘導。


「よくある質問」のページには、「ロト6での投資は初めてで不安なのですが」の問いに対して、「株やFXのようなギャンブル性の高い投資とは違い、安定性の高い投資です。ぜひ一度ご体感ください」とある。(36ページ)



そうか、ロト6って、投資だったのか。


そのサイトでは、無料会員登録をすると、低い順位の当選情報をもらえるらしい。

多田さんは、その情報に従い、実際にロト6を購入。

しかし、ハズレ。


このような無料情報から入る場合、無料情報でおいしい思いをさせ、有料に誘導するのが定石です。


最初からハズレとはどういうわけなのでしょうか。


多田さんも気になったようで、業者に連絡を入れています。

a0002_010302.jpg





私は開口一番、「ハズしましたね」と言うと、男は驚いたように、「いいえ、何を言っているのですか。当たっていましたよ」と大声を上げる。ここまで断言されると自分の見間違いもあるかもしれないと思い、小声で「そうだったかな」と答えた。
「そうですよ。当社の予想番号が当たっていないはずがありません。いますぐ売り場に行って換金したほうがいいですよ」と男は言う。
そこで私が「あとで確認します」と引くと、男は「さて、次の情報を受け取るにあたってのご説明をします」と話を切り出した。
「多田さんにはID費用として1000円を振り込んでいただきます」(41ページ)




なんと、ハズレだったにもかかわらず、「当たった」と断言しちゃう手法。

ロジックなんてまったくない訳ですが、意外にこの手法は有効です。

というのも、ハズレなのに「当たっていましたよ」と言われて、話を続けてしまう人は、押しに弱い人。自分に自信がない人。裏付けを取らない人。

いかにも、騙され続けそうではないですか。

普通の人は「詐欺だ」「ウソだ」と離れていってしまう手法でも、カモになりそうな人を選び出すことができるのですね。

彼らは、こうやって成功率を高めているのです。

本書では、このようなロト6詐欺以外にも、出会い系、架空請求、架空弁護士、SNSの友達申請などよく見かける手口を紹介してくれています。


この潜入捜査の過程で、同名の女性から1万5000通ものメールが届くようになったとか。


うーん、マネしたくない。


それだけの犠牲のもとに作られた一冊。メールをクリックする前にチェックしておきましょう。



迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ
迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ多田文明

イースト・プレス 2013-11-29
売り上げランキング : 44693


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2014/04/01(Tue) | 消費者問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ